「時間が欲しい」と思う時ほどやっておきたい「ちょっと」の効果

標準

ブログを書く時間を如何に作るか。
最近の課題です。

時間を作る

どうやって時間を作るか。。



何に寄らず時間の確保とは難しいもので、習慣にない新しいものであればなおさら大変。
捨てることから決めるのが大事とよく言われるのですが、全体量を増やす方法はないか、そちらも模索したいですよね。

いわゆる「ブロガー」という人達は、その点様々な工夫をしているようで、参考にしています。

生活の中でブログに使う時間を如何に捻出するか

ただ、そんなに簡単にいかないのも現実で、つい、書くのがめんどくさくなってしまいます。

それでも意識しているのが、「1%でいいから、事前にちょっと書いておく」ということ。

ビジネスでもそうですが、仕事が早い人が何が早いって着手が早い。
仕上げるところまでやる必要ないんです。

まずは、着手してみる。大事です。

一歩

まず「一歩」



小川自身のことを考えても、一からやること考えたら面倒くさくて、4:00に布団からなんて起きられません。

日常業務も、前日、あえて最後までやらないで、5-10分で終わるところで残しておく。
  • 翌日一番でそれを片づけることで「ヨシッ」と勢いづいて次に行けます。
  • やるべきことが明確になります。
  • その上、やるべきことを残しているので朝寝坊もしてられない。
この「ちょっとやっとく」「ちょっと残しておく」超オススメです。

今日の一冊:仕事を「すぐやる人」の習慣 (『THE21』BOOKS)


Twitter用ハッシュタグ
#ソーシャリアル

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.