【あえて急がず】ワタシがゆっくりとランチを食べるのが好きな理由

標準

お昼ご飯。しっかり食べる派と、適当派に分かれますよね。
内勤者にとっては唯一の楽しみだったり笑

アナタはどちら派ですか?

ランチパック全種類!って人も。

ランチパック全種類!って人も。



小川、食いしん坊なこともあり、できる限りしっかり食べたいです。
それも、誰かと。

やるべきことに追われていて、片づけることに必死になっている時は、ゆっくり食べる余裕はなかったりしますが、そのような「時給(=時間当たりの作業量)向上」の発想では、いい仕事はできないのも事実。

今の自分の枠組みを超える仕事は、自分の活動の線上にはないことは認識しないといけません。

その意味で、料理は、ちょっとゆっくり出てくるぐらいがちょうどいいです。
何かと時間に焦っているタイプですが、なんでそう思うのでしょう。

昨日、渋谷で食事をする時の行きつけ、『とんかつと旬のお料理』かつ吉渋谷店さんにお邪魔してきました。

パワフルな食事をご一緒させてもらったのは、パワフルなおじさん、ソーシャルおじさん徳本さん。

130404かつ吉

昨日はトンテキ。



ブログの師匠でもあり、数々のチャンスをもらっている方なので、弊社スタッフのKさんにも同席してもらっての会食です。

多くを教えてもらう中で、特に印象的だったことは「検索されることを意識しているか?」ということ。

確かに、誰かと会う前には、名前を教えてもらうことが増えました。
Facebookのプロフィールを検索したり、Googleで検索してみたり。

そこにどれだけの情報があるか、信頼性があるかでチャンスの数が変わってくる。
そのチャンスが来たら、どれだけ「忙しい」と思っていても、「やりたい人」からの頼みは断るな。と。

帰って、「徳本昌大」でググってみたら159,000ヒット。
「小川晋平」は5,100。しかも他人も上位に。。

130405徳本さん

どんな人だかよくわかります。



調べてみた時に、どちらの話が信用できそうか。言うまでもないですね。

「会社の看板がなくても生きていけるチカラ」を意識した、日々の積み重ね。頭が下がる想いでした。

こんな話、聴けるなんて予想していませんでした。これは、食事がファストフードじゃなくて、まとまった時間を確保してもらっているからこそ。

席につくなり注文急かされて、食べ終わったらすぐ帰れってプレッシャーのある環境では、こうはいきません。

かつ吉さん、昨日も紙製の前掛けをちょっと破ってしまったら、それをどこかで見ていたスタッフの方が、こちらが頼む前に「新しいものをご利用になりますか?」と持ってきてくれました。

心配りが豊かなお店で、あえてゆっくりとしたランチを共にすること。
自分の発想の幅を拡げる、かなりオススメな方法です。

ごちそうさまでした<(_ _)>

今日の一冊:口べたでも1時間で誰とでも仲良くなれる技術 ランチは1人で食べるな!

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.