【あけましておめでとうございます】2013年の3大ニュース

標準


迎春

2013年始まりました!



皆様、新年あけましておめでとうございます。

2013年、辰年から巳年へと変わり、ヘビは脱皮をするということで、成長の一年だそうです辰巳駅はカウントダウンのイベントをやっていたそうな。

辰巳駅

辰年から巳年へ。辰巳駅に行けばいいじゃん!



さて、一年の計は元旦にあり!ということで例年「目標」など立てているのですが、今年はちょっと趣向を変えて。「2013年の3大ニュース」を早くも決めてしまおうかと。

要は、大ぼら吹きましょうってことです。これ、小川の持ちネタではなく、元ネタは2012年のベストヒットビジネス書「100円のコーラを1000円で売る方法」著者の永井孝尚さんのブログからのパクリ インスパイアです。以下、全部ホラですからね。

その1:東京朝活読書会(通称:エビカツ!)が大人気!読書会の親玉として書籍化。タイトルは「読書会で本当にあった心温まる物語 (心温まる物語シリーズ)」(あさ出版)。

各自で持ち寄ったストーリーを集めてショートストーリーをまとめた短編集だが、取りまとめをした小川のストーリーだけ、あえなく選外。

その2:趣味で始めたネットショップサイトBASEのショップ「ShredShop」で無形商材を販売したところバカウケ。年商1億に。粗利率70%超。でも弊社の出資者に大体持って行かれる泣

その3:クラウトスコアが安定して80を超し(現在65)、個人インフルエンサーとしてオーガニックオリーブオイル「エーゲの輝き」の試飲会イベントで表参道の自然食レストラン「たまな食堂」に無料招待。

そこで速水もこみちさんと親交を深める。「家にあるもので作れるサッとした料理」など、軽めのお題で伊勢海老とか使うのを止めてくれるように頼む。

と、まあ妄想は膨らみますね。今年もいい年になりそうです。皆様、お世話になります<(_ _)>

今日の一冊:100円のコーラを1000円で売る方法2

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Leave a Reply