【その数字は誰のため?】「結構できてる」が「80%できている」に変わる数字の扱い方

標準

ビジネスは数字で考えろ!

100回くらい言ってますし、10000回くらい言われてきてます。

数字恐怖症です。

数字恐怖症です。



とはいえ、そんなこと中々できないんですよね。
数字で考えることができる人って、特別な人だと思っていました。

でも、、そうじゃなかったんですって。中学生までの数学でいいんですって!

昨日、『こまったら、“数学的”に考えよう。』の著者、深沢真太郎さんのお話しを聞いてきました。

なんで対談だったんだろう?

なんで対談だったんだろう?



渋谷で、ソーシャルAnegoes、カフェスタなどの各種勉強会・コミュニティの主催者をしてらっしゃる斎藤洋子さんとの対談です。
励ましと、ヒントになることが沢山!

数字は誰のために使う?

深沢さんの特徴は、とにかくシンプルな表現を使うこと。
プレゼンテーションZen のような、シンプルさと、強調したいものが伝わる。

「数字には二種類あります。自分のために使っている数字か、それとも相手のため、つまりForYouの数字か」

一例をあげましょう。
  • このシャンプーは、年間1000万本売れています。
  • このシャンプーは、3秒に一本買われています。
どうでしょう。

前者は「シャンプー業界の人」にとっては、わかりやすい数字ですよね。
多分、ベンチマーク(比較基準)になる製品の販売本数知っているでしょうし。

ただ、CMで流すなら?一人一本しか買わないですものね。後者の方が、感覚的に売れている様子が伝わるもの。

直観でわかる

直観でわかる



余談ですが、「1000万本と3秒に一本って同じなのかなぁ。だとすると一年間って3000万秒なのかー。」とか思って、後でググってみたら、一年間は大体3150万秒でした。
さすが、プロは適当なこと言いません

とはいえ、そんな正確なことだったり、数字的な話って、パッとできるようにならないですよね。。

数字に「翻訳する」

深沢さんがオススメしていたのは、「一見数学的でないことを、数字に翻訳する」という方法。

例えば、「私のことどれくらい好き?」と彼女に聞かれたら?
  1. 「すげえ好き」:回答になってませんね。どれくらいか答えていない。
  2. 「今まで付き合った人の中で一番好き」:危険ですね。「他の女と較べないでよ」とか言われそう。
深沢さんの回答は、
深沢「これ以上ないという最大の愛が100だとすると、90くらいかな。」
彼女「えー、なんで100じゃないの?」
深沢「だって、これからもっと好きになるでしょ?」

アマーーーイ(●´ω`●)

激アマですよ深沢さん。ちなみに深沢さんは長年ファッションの業界にもいらっしゃって、オシャレかつイケメン。

爽やかさが伝わるかな?

爽やかさが伝わるかな?



夜の方程式もガンガン解いてらっしゃるんでしょうねぇ。

ってくだらないこと言うのは止めておいて他にも参考になった内容が盛り沢山!

当日の様子はtogetterにまとめてみました


100%満足な内容。勉強になりました<(_ _)>

今日の一冊:こまったら、“数学的”に考えよう。

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.