【ちょっと待て】ブログ書いてりゃそんなにエライのか!って考えてみた。

標準

ブログ書いてりゃそんなにエライのか!?

自分のやっていることすら否定しそうですが、あまのじゃくなもので、「ブログ毎日書いててスゴイですね」とか言われると、良くない面も探したくなります。

襲われっぱなしです。

襲われっぱなし。



メリットとデメリットはどんなことでしょうね。

ブログのメリット

  • 考えの整理になる。
  • インターネット上で、「存在している人」になる。
  • 考え方を認知してもらえるツールになる。
  • 同じことを何度も言わなくていい。
  • 「継続力」「文章力」などの証明になる。
  • 失敗がネタになるから失敗にビビらなくなる。
  • 上手くいったらアフィリエイト?

ブログのデメリット

  • 時間かかる。
  • 日々エントリーになると、お手軽を探すようになる。
  • 結局肉体労働。
  • なにこれ。「止めたら負け」の空気感すごい。
メリット集を見てみると、 【○○は続けたもん勝ち?】新しいチャレンジを継続させるリフレーミング で書いた通りのことですね。

インターネット世界では、「発信しない人はいないも同然」ですので、その意味で継続的にWeb上に残るのは、影響力が欲しい人には重要です。

あとは、成果物を残すってことですね。会社を手伝ってくれている若手も、毎日見てくれている人から全く見ない人まで様々ですが、考え方が浸透しやすいのは助かります。

Mindstateって言うらしいです。

Mindstateって言うらしいです。



一番最後のアフィリエイトは、無視して良さそう。小銭追ってやるなら他の仕事した方がいいです。副次効果ですね。

デメリットの最大の問題は、
ブログ書くってことは、結局肉体労働だってことです。

調査して、整理して、書く。文章だけじゃなくて画像使ったり、レイアウト調整したり。

あれやってこれやってしてると、こんな姿を想像します。

あれやってこれやって。。



なんでこんなこと自分でやろうとしているんだろう??と思いつつも、中々仕組みにしてアウトソースっていうのができないなぁと悩んでいます。

原稿音声録音して、書いてもらうようにしたり。そもそも書いてもらったり。ハフィントンポストみたいな?

あっ、でも他に書いてもらったらただのメディアサイトですね。ブログじゃないや。

あと、「毎日書いててすごいですねー」とか、先輩ブロガーには「ブログやるならとにかく書かないと」みたいなこと言われる機会が増えるようになりました。

でも、ちょっと思うんです。

毎日やらないことを習慣にして、密度の濃い記事を書いている方がすごいんじゃないかと。
ルーティンのサイクルが長いほど、習慣にするって難しいと思いませんか?

人間のやることにカンペキなんてないですよね。
エラいとか、良い悪いじゃなくて、自分はどっちが好きなのか。結局それに尽きると思います。

こういうこと考えられるのも、ブログ書いていたらこそだなぁと思うと、しばらくはブログ続きそうです。

「継続」させたいことがある人にオススメ:【○○は続けたもん勝ち?】新しいチャレンジを継続させるリフレーミング

2013/05/14追記:「一番最後のは、」を「一番最後のアフィリエイトは、」に修正しました。どこにかかっているのかわかりにくいという指摘に対応です。

今日の一冊:ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.