【アピールって誰のため?】大人買いしてわかった、自己アピールじゃダメなこと

標準

やりすぎはアカン!

かなり反省しました<(_ _)>

TooMuchってありますね・・

TooMuchってありますね・・



自分のことをアピールしたい気持ちが先走っちゃったんですね。

今回のキーワード

本の「売上ランキング」どうやって集計しているか知っている?

よくある本の「売上ランキング」、実は、全国平均とかではないんです。
以前、師匠の本の出版記念で教えてもらったんですが、一店舗の売上だけ、紀伊国屋新宿本店さんのランキングが発表されるんですって。

※13/05/31訂正:ごめんなさい。そんなことなかったみたいです。
出版社の人から見た、影響力は大きいけど、実際には他社含め総合判断されるようです。

新宿三丁目です。ご参考に

過大評価してごめんなさい。



とはいえ、一人で何十冊とか買うのは大変なので、関わらせてもらった出版記念講演に合わせて、一緒に買おうかってまとめ買いしてみました。

トイレットペーパー

オイルショックであったトイレットペーパーまとめ買い



出版記念講演の課題本『自分のことを話すのが苦手でいつも損している。』20冊と、冬でも行列のできるかき氷屋さんの話10冊の計30冊。。小川、一冊書くのも苦労しているのに、本って、そんな頻度で出るんですね・・

 

やりすぎたし、やり方間違えた

事前予約で取り寄せてもらっていましたが、同じ書店さんでいっぺんに買い占めるということは、他の人の「読みたい」分を奪ってしまうということ。

書店さんを困らせてしまいますし、何より「不自然な買い方」です。

おいおい不自然だろ!上の方とか・・

おいおい不自然だろ!



実際、書店の方にとっても、「明らかに誰かがまとめ買いしている」本の動き方では、次回「あの人の本は売れるからなぁ」という気にもならないでしょう。

なんで、こんなことになったのか。それ、やっぱり小川が「川上さんに自分をアピールしたい」という気持ちがあったんでしょうね。

 

自己アピールでなく自他アピール

もちろん、「役に立ちたい」という気持ちがなかったわけじゃありません。
できることを考えた結果、「大人買い」をしたことも確かです。

でもそれって、「ウチの製品いいやつだから、絶対気に入るから買ってよ」と言っているのとあんまり変わらないんですよね。
売込みと同じで、周りの人に対する配慮の心に欠けてます。

この本の表現だと悪気はないけど「アピール損」なんですよね。

売込みされるのが皆キライなように、押しが強すぎる。事実、自分のために、自分のことを伝えたい「自己アピール」をしてました。

そうじゃなくって「自他アピール」。自分が相手にとって、どれだけ「美味しそうな」人なのかを伝えてあげるっていうのはどうでしょう。

今回で言うなら、「買うの大変な人は教えてください。一緒に買ってきますので」と緩く呼びかけて、頼まれた人の分だけ一緒に買うくらい。

英語の
May I help you?
の気持ち(だ、そうです)

押し付けないように

押し付けないように



買い占め前に読んでおけばなぁ・・と、無茶な反省もしつつ、次回につなげます。

でも川上さん優しい方で、小川の次回著作のタイトル決めをお願いしたら、(しぶしぶ?)引き受けてくれました(o´∀`o)ノ
めちゃくちゃ光栄な話ですし、すごく嬉しい。逆に、これでもう「書けない」は許されません

やっぱりアピールして良かった。アピール大切。アピール損は、人生の損です。一読あれ<(_ _)>

※次回「アピール力を身に着ける」対談講演は6/6木の朝。コチラです↓

 

 
【発売記念ほぼ無料対談!】人生でもっとも大切な「アピール力」の身に付け方『自分のことを話すのが苦手でいつも損している。』 
 

 

 

集合写真。デカいのが前に居てすいません(>_<)

デカいのが前に居てすいません(>_<)



 

今日の一冊:自分のことを話すのが苦手でいつも損している。-入社3年目までに身につけておきたい「アピール力」



 

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.