【セレンディピティを鍛える】ソーシャルリスニングで聞くチカラ365倍!!

標準

我々は耳は二つ持っているのに、口は一つしか持たないのは、より多くのことを聞いて、話す方はより少なくするためなのだ。

古代ギリシャの哲学者・詩人ゼノン



listen first!

listen first!

忘れがちですね。
ブログやSNSを含め、つい「言うこと」に囚われてしまいますが、それだけだとちょっともったいないのかもしれません。

今日のキーワード

  • ソーシャルリスニングとは
  • セレンディピティ:常にコミュニケーションを計っていれば・・
  • ご案内

ソーシャルリスニングとは

名前の通りですが、ソーシャルメディア上にあるユーザーの生の声に焦点を当て、トレンドの類推や自社商品に対する評判、改善点などを調査し分析を行うこと。

製品開発やテストマーケティングでよく使われます。

昨日のブログ、ソフトバンクの孫社長を題材にしたので、バズる(ソーシャル上で拡散する)んじゃないかなぁと思っていたんですが・・

公開開始1時間の反応は、むしろ普段より悪かったんです。

その後、ジワッと盛り上がってきて、結果は135いいね!【志高く】ソフトバンク孫社長に学ぶ、「大ボラ吹き」の流儀 _ 読書家社長の朝活ソーシャリアル - Google Chrome (2013-06-25 05-14-06)

PVもわりと良かったし、普段のブログが7-80いいね!が平均なことを考えると、そこそこだったかと。
※題材としてはもっと拡がってもおかしくないので、内容に難アリだった可能性は高いです。そこはウデ・・(^^ゞ

で、それをシステム屋さん(の、営業)で懇意にしているインフィニ田中さんに相談していたんです。
そしたら、6分で一つの仮説にたどり着けました。

12:30ランチタイムにチャットスタート

12:30ランチタイムにチャットスタート



ジワジワ来たんです。って話をしたところ

もしかしたら・・

公開は許可取ってます!



朝にプレゼンの存在を知って、それからブログ見たのかも」と。

そうだとしたら、最新ネタの記事はアップだけしておいて、ソーシャル上でのシェアなどは段階を踏んだり、フロントの情報提供を別でしておくなども効果的なのでは?

という戦略が立ちます。

もう一回言いますが、この間6分ですよ!6分。
カップラーメンだって、ちょっと凝ったやつなら5分待ったりするご時世。

ホラ5分!

ホラ5分!



六本木から霞が関に行くくらいの時間で(日比谷線ローカルです(^^ゞ)、アイデアがバッと方向立つ。
時間密度高いですよね。

セレンディピティ:
常にコミュニケーションを計っていれば・・

もちろん、毎日そんな成果が出ている訳じゃありません。

基本的には偶然の産物。それが、常に関わっていることで、予期せぬ偶然を捕まえるチカラとそのチャンスが増えていきます。(セレンディピティって言います)

普段は「読んでくれてありがとうございます」というお礼を伝えているくらい。

そうやって常に緩く関わりあっていることで、相手も自分に対して関心を向けてくれます。
「マインドシェア」が獲得できるし、予想もできないチャンスに出会えます。

参考:『マインドシェアとマーケットシェアは連動する』というお話

朝は小川のブログを読まないと落ち着かない。ってなっている人いませんか?いませんね。ハイ、すいません・・

相談があったらチカラを貸してくれる。一緒に考えてくれる仲間がいるって、幸せなことだと思いませんか?

仲間がいます。

仲間がいます。


ご案内

そんな「聞くチカラ」を養うために、おがぷら(ファンクラブ)会長が舞台を用意してくださいました。

徹子の部屋ならぬ「小川の部屋」ということで、小川が、有名ポータルサイトの管理人に人気の秘訣を質問します。

ルールル♪ってやります。

ルールル♪ってやります。



朝1時間のイベントでして、朝といえばこの人、『朝活手帳』『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』の著者、池田千恵さんにもゲストでお越しいただいております

ちなみに小川は四時起き実践者。驚くほど上手く回りますよ。テレビの話題についていけなくなるくらいです。

会長は二・三日公開しないって仰っていましたが、既にそこそこ人数集まってますし、いいんじゃないかって勝手に公開しちゃいました。

7/9 朝六本木です。Facebookイベントはコチラ

 

今日の一冊:リッスン・ファースト! ソーシャルリスニングの教科書



今日の一冊:「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!



 

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.