【ソーシャリアルな場作り】人が集まる、コミュニティの化学反応を生みたい

標準

コミュニティ運営の課題の一つに、「集客」があります。集まりたいと思える場所かどうか。

アイキャッチ集客

「ここに行きたい」って思ってもらうのって簡単ではないです。



小川が主催する読書会も、今でこそ安定して参加者の方々に来ていただけるようになりましたが、始めた当初は1人とか、人がこなくて中止とか、、人が来たと思ったら何か勧誘されたりとか。。

そりゃもう集客は課題でした。

だから、コミュニティの主催者たちが「告知/宣伝」するのはよく分かります。でも、宣伝ばかりじゃ面白くないですよね。

主催者たちが集まるグループで、皆がそれをやっていたら、あっちもこっちも告知告知になって疲れちゃいます。

退屈

「売込み」されたい人なんて一人もいません。



朝活サミットというFacebookグループもそんな場所でした。(メンバー以外は非公開です<(_ _)>)

もちろん、コミュニティの主催者達は、一般に行動的な方が多いので、自分のタイムラインで告知するよりは、効率的だとは思いますが。。

中の人、朝活ポータル河部さんも頭を悩ませております。(「朝活界(?)のキーマン」プラットフォームづくりの天才だと思ってる方です)

曰く「もっとコラボが生まれるような場所にしたいんですよね」。

お世話になっている方なので、小川にできることは・・そこで早速、ポストしました。

 

「誰か一緒に、何かやりませんか?」(雑!!)

 

数名からお声掛けいただき、話が進んでおります。
現段階では、企画の内容をお話しすることはできませんが、皆さん良い企画を持ってらっしゃる。

小川、クリティビティに欠けておりまして、皆さんのアイデアを聴くと「スゴイなぁ」と感心し、声をかけてよかったなあって思います。

やはり、プラットフォームは「宣伝の場」にするよりも「ケミストリー(化学反応)」が生まれる場にした方が楽しいですね^^

ケミストリー

本文とは関係ありませんが、、小川のカラオケ十八番はケミストリーです。



お世話になった方へのご報恩。面白い事例が作れれば幸いです。
  • やりたい企画はあるけど、運営のノウハウがない
  • やってみたけど、人が集まらない
等でお悩みの方、どれだけお力になれるかわかりませんが、一緒に苦労しませんか?
一言ご相談くださいな<(_ _)>

I Want You

面白いことやりましょう



今日の一冊:なぜ、あの人の周りに人が集まるのか?

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Leave a Reply