【ソーシャリアルの本当の意味】友達の友達がHappyを連れてくるおじさんのすごいところ

標準

居酒屋で、酒も飲まずにメモ取ってました・・

聞き込み中の刑事のように

聞き込み中の刑事のように



昨日、ソーシャルおじさんズ代表の徳本さんとセミナーやらせてもらいました。

今、ノリにノッているおじさんで、電子書籍は毎月出すわ、紙の本は年内二冊予定しているわ。。
老いて尚盛ん。ってほどの歳じゃないですね(^^ゞ

一緒に本を書かせてもらったりと、可愛がってもらっている師匠です。

参加者全員と話したい」という徳本さんの希望で、20名の中小規模のセミナーだったんですが、聞いて納得。

セミナーで、プロジェクトを作ろうとしてらっしゃる!

コラボセミナーだったもので、1hくらいのお話しでしたが、情報量が半端じゃない。
今度出る本から、出版企画している本の内容まで、ノウハウがたっぷり詰まった講演です。

みんな引き込まれて真剣!

みんな引き込まれて真剣!



今日のキーワード
 

ソーシャリアルって?

小川のブログのテーマでもある「ソーシャリアル」。

どういうことかというと、ソーシャルで出会い、つながり、リアルで会う 。

リアルがベース!

リアルがベース!



毎日ランチで多くの方とあって、話をし続けている徳本さん。「他人の視点で」とアドバイスいただきましたが、引出しの広さはそこから来ているんですね。

一緒にやろうぜ!と投げかける姿は、参加者をその気にさせるパワーがありました。登壇者として、参考になります。

なんか一緒にやりたくなります。

なんか一緒にやりたくなります。



 

ソーシャル、リアル、○○

仲間が助けてくれるためのTips満載で、即レス即アクションをしながら、「友達の友達が(公私ともに)Happyを連れてくる」という考え方は刺激的。

Weak tiesの理論は、さながら『WorkShift』

Weak tiesの理論は、さながら『WorkShift』



ただ、それにも条件があって、
ソーシャルとリアルで宣言をし、人とエンゲージメントを結んでいればこそです。

やりたいことをオープンにしておく、専門家と認知してもらえるように発信を重ねておく。
  • ソーシャル
  • リアル
  • PR
とはさすがおじさん。上手いこと言います。

終わった後、ちょっとご飯食べに行きまして、居酒屋で二人ともお酒も飲まずに話してました。

南青山の居酒屋さん

南青山の居酒屋さん



 

徹底して・・

どうやったら徳本さんみたいに、圧倒的な企画量を出せて、ビジョンモチベートできるんだろう?
聞いてみました。

徳本さんと小川、何が違うんでしょうか・・

答えはまぁ、「年齢」。そりゃそうだ。ってオイオイ。

「いろんな人と会って、刺激になる人を徹底的に真似しろ」と。TTPですね。

徳本さんが小川くらいの時には、「この人だ!」と思ったら、しゃべり方からネクタイまで真似していたそう。

小川が本好きなのも知っているので、「この人だったらどう考えるかな」という世界観も真似できるくらい本を読むことを勧められました。

あと一つ聞いていて思ったのは、情報のインプット量が圧倒的に違う。

一万時間の法則じゃないですが、徳本さんも本が好きで、15年間、東洋経済、エコノミスト、日経、ダイヤモンド・・と加えてビジネス書も、毎日読んでいたとのこと。

やると決めたらトコトンやる。姿勢が参考になりました<(_ _)>

ありがとうございました

ありがとうございました<(_ _)>



今日の一冊:乗り遅れるな! ソーシャルおじさん増殖中! (ソフトバンク新書)



 

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.