【ソーシャル時代はおそろしい】会ってなくても、最近の服装とかバレてしまって困る(>_<)

標準

多くのビジネスパーソンにとって、スーツは戦闘服。

逆に言うと、私服はおろそかになりがちです。いや、小川だけかもしれませんが。
ソーシャル時代はおそろしく、昨日、ついにそれがバレました。

洋服自体をほとんど持っていないので、同じ人と同じ服装で二回続けて会わないように、くらいしか意識していません。

27年、崩していない方針だったのですが、通用しなくなりそう。。
Facebookのせいで!

これを見てください。

1)130303大宮

130303私服

これはヨシ



まぁ、これはいいですよね。ビブリオバトル(本のプレゼン大会)に優勝した時です。(自慢つき

2)130316都内病院

130316私服

これもまぁヨシ



赤ちゃん可愛いですね^^
小川の子供ではありませんので悪しからず。


どうです。お分かりでしょうか。同じ服装なのが。

さらに昨日、友人に会ったわけですよ。この服装で

「最近その服装、推してるねぇ」なんて言われちゃって。なんだかすごく損した気分。
三回連続で同じ服装見たらそう思うわな。返す言葉もありません。

これ、服装の基本を知らないから、着回しみたいなことができないんです。

実はこれ、スーツでも同じことが言えるんじゃないでしょうか。
小さいことに聞こえるかもしれませんが、メラビアンの法則といって、人間は

最初の3秒〜30秒で相手の印象を決めていると言われています。

そのうち”髪型、服装、顔の造形、しぐさ”で55%、
“声の質、大きさ、テンポ”で38%、”話の内容”はわずか7%である、と言われています。

話の中身なんて、ほとんど聞いていないんですね。残念ながら、これが現実。

もちろん中身は大切です。人間性も、本当の意味での魅力も、内から湧いてくるものだと信じています。

でも、いやだからこそ、魅力が伝わりやすい外見にするって、相手にとって親切で、とても大切なことだと思います。

とはいえ、あまり気にされない方もいるのは事実なんですが、転職活動や婚活で、男性が足切りされてしまう多くの原因は、服装に無頓着だからだと、知人のエージェントが言っていました。

別にオシャレになれと言っている訳じゃないです。ビジネスパーソンにとって、優先度の高いものだと思いません。
それでも、相手に与えるインパクトは大きい。

だったら先に、基本だけでも押さえてしまって、服装のことに時間を減らしてしまった方がラクじゃないでしょうか。

で、ちょうど知人に専門家がいたので、頼んでしまいました。

現役のモデル兼服装のトータルコーディネートを専門にしている事業家でもある中村康介さん。

「銀の皿」のCMなんかで見たことある人もいるかもしれません。(彼氏役の方)

ARVE Error: no id set



服装のトータルコーディネート事業の実績もコチラ。

プロのチェックが入ると、やっぱり変わるんですよね

話をしていて思うのが、「使っている時間が圧倒的に違う」。

小川、そもそも服装に興味がないですし、これは専門家に任せた方がいいやってことで、講師をお願いしてセミナーやります。

「自分のなりたい方向、持ってもらいたい印象を実現する、外見の選び方」。
男性向けに、希望者だけファッションチェック付きです。
  • 服装のことなんて誰にも教わってこなかった方
  • 休日に服を選ぶのが面倒くさくて、スーツスタイルでごまかしてしまう方
  • 転職・婚活をお考えの方
  • 自分の専門分野ではないので、早めに自分のやることから取り除きたい、「投資思考」をお持ちの方
4/17水 19:30~六本木です。
ご興味ありそうな方に教えてあげてくださいな<(_ _)>

【アナタにふさわしい見た目になっていますか?】3秒で信頼される、現役モデルが教える外見力【男性向け】

130417外見力
 

今日の一冊:人は見た目が9割

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.