【今の自分を受け容れる】情熱の5つのタイプ、あなたはどのタイプ?

標準

一人でできないことを皆でやる。

We succeed
大好きな言葉ですが、自分のふがいなさを歯噛みすることになりました。

今日のキーワード

一人で常にモチベーション維持するのは難しい

昨日、次の制作のため、仲間と構成を練っていました。
構成は固まったので、順番に作っていくだけなんですが、ここまでの業務が自分ひとりでできたことがありません
  • 人と話しながらアイデアを出していくのが得意なのかもしれません。
  • 一緒にやっている仲間が引き出すのが上手いのかもしれませ¥ん。
でも、単純に、「自分一人だとなかなかやる気になれない」というのも事実。

暑い、、ですしね。。

暑い、、ですしね。。


あなたはどこ?情熱の5タイプ

よく、「火をつける」という表現をしますが、モチベーションには5つのタイプがあるそうです。
  1. 点火型:他の人に火をつけられる「リーダー」
  2. 自然型:誰に言われずとも、自分で燃え上がる「自立した人」
  3. 他然型:火をつけられれば燃え上がる「従業員」
  4. 不燃型:火をつけようとしても火がつかない「役立たず」
  5. 消火型:折角ついた情熱の火を消して回る人「迷惑者」
上位二つの人たちを発掘するのが経営者の仕事、と言われていて、僭越ながら自分は「点火型か自然型」だと思い込んでいました。自分を過大評価するクセがあります(^-^ゞ

おれならできる
ただ、上手くいかないですね。仲間と一緒に、「いつまでに」「どのクォリティで」とかコミットして競争していかないと、中々成果が上げられません

成果を上げるために、今、できることをする

ちょっとショックな気もするのですが、要は成果が上がれば良いので、できない自分を受け入れて、その分仲間を巻き込んで盛り上がってやっていきます。

人数を増やしても
  • 圧倒的な時間短縮につながる
  • 付加価値がついてその分以上の収益が上げられる
のなら、副産物の「相互監視としての競争環境」は、実質コストなしで手に入れられます。

理由のわからない無料は怖いですが、納得できる無料は大好きです。

理由のわからない無料は怖いですが、納得できる無料は大好きです。



できない自分は受け入れて、今取れる選択肢の中で一番成果が上がるものをチョイスしていきたいですね^^

今日の一冊:稼げる一人経営からみんなで稼ぐ経営へ

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.