【仕事がはやい】デキる人に共通しているたった一つの心構え

標準

仕事がはやい人っていますよね。

トップゴール

すぐ片づけちゃう人はいるんです。



小川も、なるべく自分でボールを持たないですむようになるべく「早く」片付けるようにしています。

決して仕事が「速い」わけではないので、なるべく人を待たせないで済むようにしているのですが、先日前職の会長からこんなアドバイスをいただきました。

いつ迄にやる、は未達の理。いつから始める、が必達の要



準備できてる?

いつからやりますか?



 

なるほど。ダイエットなんかを考えるとわかりやすい。
夏までに5Kgヤセる。毎年のように聞く話ですが、失敗話も多い。

先日ソーシャルメディア活用の師匠(ソーシャルおじさん10号)が、禁酒を始めました。
「明日から明日からだといつまで経っても始められないから2月は禁酒するって決めました」と仰っていて、なるほど。

やはり始めるタイミングから決めています

着手してしまえば意識的にもやろうと思いますし、仕事なんて一日で終わるものばかりではないですから、まず動き出しを早くするって重要ですよね。

もう一人、ソーシャル×リアル(ソーシャリアル)なコミュニケーションの達人は、『イヌが教えるお金持ちになるための知恵』に書かれてある「72時間ルール」(初動を72時間以内に取る)を徹底しているとのこと。

決して72時間以内に結果を出すと言うことではなく、最初に一歩を踏み出す具体的な小さなアクションを起こすという意味です。

足を止めないってことですね。

仕事量が圧倒的な先輩は「仕事なんて放っておいたら増えるんだから、すぐに片付けないと埋もれておっくうになる」と言っています。

とにかく着手を早く。「速く」仕事するより「早く」仕事する。
朝型男の自戒です<(_ _)>

今日の一冊:イヌが教えるお金持ちになるための知恵

Twitter用ハッシュタグ
#ソーシャリアル

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.