【価値ってなんだ?】自分がやりやすいだけでなく、相手にも喜んでもらえるバリュープロポジション

標準

どうせプレゼントするなら、喜んで欲しいと思いませんか?

マーケティングの世界で言う、バリュープロポジションの話をします。

vp1

出典:マーケティングの出発点は、バリュープロポジション
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1104/20/news007.html



なんであんなにすごかったんだ?圧巻のセミナー、理由はマーケティングにあり!?

で書きましたが、
  • 自分ができて
  • 顧客が求めている事を
  • 他の人が提供できない形で提供する。
これが価値提案です。

これができりゃザックザク

これができりゃザックザク



「祝い」「応援」「協力」では、自分が出来る事もそうですが、相手が喜ぶ事を考えよう、それも自分なりにね!というお話です。

ケースを3つ
  1. 新規開業なら
  2. 結婚するなら
  3. ブロガーなら

新規開業なら

誰かが新しく開業したとしましょう。飲食店しかり、例えばコワーキングスペースなり。

何がしたいか。知ってもらいたいですね。

発見!してもらうこと。

発見!してもらうこと。



自分が通うのもいいですが、限界ありますし、ボリュームが小さい。

コミュニティを持っていたら、
  • 飲み会
  • イベント
など、代わりに人を集めてあげるといいでしょう。喜んでくれます。

「オープン記念」ということで、お客さんの少ない時間だったら格安で貸してくれるかもしれません。お互いにHappyですね!

握手は両手がオススメ

握手は両手がオススメ


結婚するなら

小川、明日7/7が結婚式。実はこの記事を書こうと思った理由なんですが、粋なプレゼントをもらいました

以前の記事:【お客様に信頼してもらうには?】ソーシャルビジネスHASUNAで結婚指輪を買いました。

これを見た人が、真の意味で美しい女性たちにエールを送る「エシカルWEBマガジン」ethicaでライターをしていたんです。

わたしによくて、世界にいい

わたしによくて、世界にいい



ちょうど7/7が先方のオープンということもあり、結婚祝いに取材を受けて記事にしてもらいます

エシカルジュエリーHASUNAさんを取り上げる記事ですが、こういう「たまたまココでライターしていた人にしかできない結婚祝い」という表現をされたら、断れないし、嬉しくなっちゃいますよね。

お見事です。

あっぱれ!

あっぱれ!


ブロガーなら

さて、このブログを見ている人の共通点、小川のブログを読んでいること。
じゃあブロガーが喜ぶ事は?

やはり多くの人に見てもらうこと。そのためにソーシャルでの「いいね!」や「Tweet」ボタンがついています。

応援したい時、どんなアクションをしますか?

エールを贈りますか?

エールを贈りますか?



 

自分がFacebookを一番使っているから、つい、「いいね!」ボタンを押していませんか?

それは、「自分がやりやすいこと」。もちろんそれもありがたいのですが、折角なので「相手が喜ぶ事」にしてみるのはいかがでしょう。

ブロガーが一番喜ぶ、応援のボタンは、、実は
「はてブ(はてなブックマーク)」ボタンだったりするんです!

はてなブックマーク。意外∑(・ω・ノ)ノ!

はてなブックマーク。意外∑(・ω・ノ)ノ!



初めて聞いたとき意外でした。小川にその文化がなかったから。

ただ、Gunosyのオススメ記事がはてブからの流用、という記事があったように、はてブが付くと、急激にPV(ページビュー)が上がるんです。

これは本当。

小川、それを知って以来、なるべく「はてブ」をつけるようにしました。応援応援。今、わたしにできること。
  • 自分がやれること(結局は応援する)で
  • 相手が求めている内容(多くの人に見てもらうという目的に一番役立てる)を
  • 他の人が提供できない方法(はてブが一番嬉しいとか、知らないですよね)で提供する。
バリュープロポジションを意識するだけで、相手の見る目が変わりますよ!

関連記事:
なんであんなにすごかったんだ?圧巻のセミナー、理由はマーケティングにあり!?
【お客様に信頼してもらうには?】ソーシャルビジネスHASUNAで結婚指輪を買いました。

明日(7/7)オープンのエシカル(倫理的)なWebマガジン:ethica

今日の一冊:バリュープロポジション戦略50の作法 – 顧客中心主義を徹底し、本当のご満足を提供するために

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.