【先入観ありまして】与沢翼氏の言っていることが至極まっとうだったと反省

標準

ずっと敬遠していた、ネオヒルズ族 与沢翼氏の『秒速で1億円稼ぐ条件』読みました。

なんだか品がない感じがして、しかも本当に儲かっているのかマユツバな気がして、読んでいなかったのですが。。(ご本人、及び関係者ファンの方申し訳ありません<(_ _)>)

与沢翼

こんな写真ばかりって、結構キツくないですか?広告宣伝なんでしょうけど。。



ただ読んで納得。やはり物議をかもすにはそれなりの理由があります。実践的です。

自己啓発的な内容は類書が豊富なので内容は触れませんが、仕組み作り準備フェイズ分けは、流石著名な方なだけはあります。

例えば、「空白のポジションを探し出す」。ややもすると、一から作ろうとしてしまいますが。。

ゼロから言葉を生み出す、市場を作り出すというのは至難の業である。それよりも今ある潮流に乗った方が手っ取り早いし、ビッグウェーブには乗り遅れないほうがいいに決まっている。

後発はキャッチアップしていく戦略もあり、その中で市場の隙間に入るという、言われてみれば王道です。

他には「ブログのメッセージはあいまいにするな

キーワードがどうしても見つからなかったら書店へ行け

等々、実践的な内容も豊富。早速参考にさせてもらいます。学ぶところが多い。

  • アフィリエイトの支払いサイトの長さを利用して、キャッシュフローコントロールによる短期で成果を上げていく仕組み
  • アフィリエイトプログラムに「提供者」「参加者」の両方で参加することで、投資資金を即時回収
与沢氏がアパレルで培ってきた経営手法と「人の行く裏に道あり」を地で行く裏技探し。

当たり前ですが、イケイケに見えても人にアタマを下げて教えてもらうことが多いようです。さすがだなとアタマが下がります。

byooku

本の装丁も目立つ黄色で、細部へも工夫が凝らされています。



今後プロダクト・ローンチ(発売日に向け、期待感と枯渇感を高めていくセールス手法)による「顧客リストの現金化」がどのような推移になってくるのか。

「早い者勝ち」手法で成功を目指していった人たちがどうなっていくのか。

目が離せません。

今日の一冊:秒速で1億円稼ぐ条件



Twitter用ハッシュタグ
#ソーシャリアル

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.