【姿勢大切!】『姿勢力』を読んで、からだとこころのメンテナンスを!

標準

何事も、姿勢は大事です。

これはポーズ?

これはポーズ?



 

という話をすると「仕事への取り組み方」「学ぶ意識」のような意味に聞こえますが、もっと単純に。

身体の「姿勢」の話です

書評:

からだとこころの”ストレス”が消える 姿勢力

からだとこころのトリセツを手に入れました。

姿勢力
トライアスロンを始めたことや、水泳を3年くらいの趣味にしていることで、パソコンワークをしていても、あまり肩こりに悩まされることってないんです。

その代わり腰が。膝が。

長時間座ると腰が痛いし、走っていると膝が痛い。

そんな話を著者でもある、ソフトカイロプラティック高橋治療院の高橋院長に話したら、一分で見てくれました。

まず椅子に座って、膝の裏をプニプニ。どうやら、腰を左側に折って生活するクセがあるようで、それを指摘されました。えっ、なんでそんなにすぐわかるの?

名探偵か!

名探偵か!



触られると痛いんですよ。確かに。

それで、ご著作の『姿勢力』を頂戴したので、読ませていただきました。

参考:すぐ分かる!すぐ出来る! 肩こり・腰痛が消える「姿勢力」10の心得

読んで真っ先に思うことは、「あっ、姿勢悪かったのね」ということ。

そういうことでしたか(>_<)

そういうことでしたか(>_<)


背骨の本来の姿は、正面から見ればまっすぐで、横から観ると、美しいS字を描いているものなのだ。

S字」!それを聞くと、教習所での悪夢がよみがえりますが、それはさておき。

運転、ホント下手です。

運転、ホント下手です。



一気に全部覚えるのは大変なので、特に注目したい「デスクワーク時の椅子の座り方」。
  1. 楽に腰掛ける
  2. 上半身を前に45度倒す
  3. 上半身を倒したまま、おへそを前に、尾てい骨を後ろに突き出す姿勢になる
  4. そのままの姿勢でお尻を椅子の後ろにずらし、尾てい骨を背もたれに押しつける
  5. 尾てい骨を背もたれに押しつけたまま上半身を起こす。
なんだ。小川、全然出来ていないじゃないか。
正しい姿勢は、「尾てい骨は背もたれにつくけれど、背中はつかない」ような姿勢です。

高橋先生が特に強調してらした「休息をとること」。ゆるみと言いますか。
頑張ればいいってもんじゃない。それで身体壊したら、逆に成果は下がるじゃないか、と。

スポーツの世界で言う、アクティブ・レストの発想ですね。

痛みを教えてくれるのは、身体のサインです。
正しい姿勢と正しいゆるみで、そもそも身体を壊さないようにしたいですね。

今日の一冊:からだとこころの“ストレス”が消える 姿勢力



 

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.