【役割】人にはタイプがある。つまり、できることは異なる。

標準

仕事の報酬は仕事。仕事のお礼も仕事。

domorework

そんな風に思っています。

昨日、師匠のプレゼンセミナーを主催させてもらったのですが、
気合い入りすぎやろ!ってくらい、充実しっぱなしの2時間でした。

講演内容:整理するので、改めて。

講演は、「カリスマプレゼンターに学ぶ、プレゼンの作り方」。イベント画像
自分の「タイプ」によって、最適なプレゼンの種類は違うというもので、

典型タイプでいえば
  • バラク・オバマ
  • スティーブ・ジョブス
  • 明石家さんま
  • 千原Jr.
のように、「自分の与えたい印象」によって、参考にすべきタイプを選ぶというもの。

このあたり、教わったことをそのまま書くことはできるのですが、

いかにも薄っぺらくなりそうなので、もう少し消化してから改めて記事にします。

小川はこの分類を聞いて、いかに自分が無自覚にプレゼンしていたかを痛感・・

聞いた後は、これからは今より少しは上手くなる!そんな自信を持てる内容です。

変われるよ!

変われるよ!


「仕事」。自分の役割。

ちなみに、今回のセミナー、小川は事業としてやっている訳ではありません。
  • 会場の方にお世話になっているのと
  • 普段師匠に手間をかけているので、何らかのお返しをしたい
  • 折角だから、参加者にも、価値あるものを持って帰ってもらいたい。
小川ができる、「貢献」を考えたところ、
今回のセミナーになりました。
※お車代は頂戴してます。ボランティアという訳ではありません。

今私にできること
「5000円のセミナー」

内容がどうあれ絶対来ない人もいる金額。

それでも学び、自分に投資をしていこうという参加者の意欲の高さは圧巻です。

こういう人たちに触れ合えるのは、お金じゃない喜びがありますよね。

こんな現場に同席できるくらいの価値あります。(違

こんな現場に同席できるくらいの価値あります。(違



私たちは、つい「今のまま」に甘えてしまって、学ぶという事を疎かにしがち
小川だってそうです。

アタマではゆでガエルだとわかっていても、
コンフォートゾーンから抜けることができなくなります。

小川にできることは、
「一人じゃ難しいかもしれないけれど、皆だったらできるんじゃない?」と、
新たな世界の糸口を切り開くこと。
  • コロンブスが新大陸に向けて航海したように。
  • 西海岸に向けて、フロンティアを開拓したように。
    新大陸
先が見えるかもわかりませんが、皆がいると思えば、
小川は一番最初に傷つくことはできます

じゃあどうする?恩のある方にできること。

自分の役割が、「一緒にやろうぜ!」と率先していくことだとしたら、

ご恩と縁のある方にできることはなんでしょう。
    • 講演者には、「いつまでに、こんな内容をお願いしてもいいですか?」とコンテンツをリクエストする。
 
    • 会場提供者には「こんなことできますか?こんなことしてもいいですか?」と、ただ場を提供するだけじゃない、新たな価値をリクエストする。
 
    • 参加者には「これを学べばこういう風になれるかも。一緒にやりませんか?」と、コンフォートゾーンを抜けるお手伝いをする。
 

そして、やってみてボリュームが多すぎると思えば、「補講お願いできませんか?」と頼んだり。やれることは多いです。

あなた、役割はなんですか?

そして、貢献するために何ができますか?

皆様ありがとうございました

皆様ありがとうございました<(_ _)>



今日の一冊:あの演説はなぜ人を動かしたのか

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.