【悪用厳禁】スタバでWi-Fi利用ができなくって困っている人を助ける方法

標準

ゴールの共有って、すごく重要。

一緒にやるよ!

一緒にやるよ!



昨日、打ち合わせの合間に、スタバで仕事をしていると、面白いことがおきました。

そこでわかった。スタバのWi-Fi※1利用の攻略法

※1:スターバックスコーヒーでは、全国850店舗以上で無料でWi-Fi(at_STARBUCKS_Wi2:以下スタバWi-Fi)が利用できるサービスを提供しています。
設定手順リンク

※2:今回のエントリーは人助けのために使われたものです。
いいとか悪いの判断抜きに、技術的に可能だよっていう内容だと思ってください。悪用厳禁。

スタバWi-Fi利用攻略法

準備
PC二台が望ましい

手順
  1. インターネット通信可能なPC(PC1)から、新しいメールアドレス(フリーメールなど)を取得する
  2. スタバWi-Fi続前のPC(PC2)から、新規アカウント登録
  3. PC1から、登録認証メールをクリックして登録完了
なんでこんなことをしたかというと、ヨーロッパ系の若者カップルに話しかけられたんですね。
初めてPCのステッカーが役に立ちました。

ステッカー

こいつ



どうやら小川のPCを貸してくれと言っている様子。

ハァ?と思っていると、本国とSkypeしたいのでスマホからスタバWi-Fiを利用しようと登録したのだが、スマホからだと自分のメールアドレスが見られないそう。

スタバの店員さんも「英語わからないからお任せです」状態。なんか期待が集まってる感じ。。

そういうことならと、PCにアドレス入力してみると、Gmailとかじゃなくて、ドイツ語っぽい名前のメーラーが開かれて、しかもメールが届いていない。

若者カップル、超ショボン。とんでもない落胆っぷりです。

みちゃおれん。。

みちゃおれん。。



このままじゃ「日本イケてない」って思われる。ここはひと肌脱ぎましょう!

要はWi-Fi使えるようにすりゃいいんですよね。新しいアカウント一個作ります。」
スタバの店員さんにOKもらって(←ここ重要)、設定に取り掛かります。

インターネット通信可能なPC(PC1)から、新しいメールアドレス(フリーメールなど)を取得する

まず小川が利用していたPCで、メールアカウント取得。
フリーメールを一つ取得して、アカウントごと提供します。

パスワードはもちろん「starbucks」。

スタバWi-Fi続前のPC(PC2)から、新規アカウント登録

PC1では、スタバWi-Fiに自動接続されるので、認証画面が出てきません。
そこで、通りがかりの来店したばかりのお姉さんに

「すいません。こちらのお二人(外国人カップル)が困っているようなので、Wi-Fiの設定登録をさせてもらえませんか?」とお願い。

お姉さん、状況掴めず「はぁ。。」とPC貸してくれました。世の中いい人多いです。えっ、強引じゃないですよ?

余談ですが、これ「物をなくして探すとき」のセリフらしいです。イイ話!

余談ですが、これ「物をなくして探すとき」のセリフらしいです。イイ話!



スタバWi-Fiの設定画面で、新規メールアドレスとパスワードの設定画面。
一応、パスワードは統一した方が親切ですね。(セキュリティ的にはイマイチですが)

PC1から、登録認証メールをクリックして登録完了

小川PCから登録を完了させて終了。これで、スマホからでもWi-Fiが利用可能です。

終わったら、早速Skypeで通信している様子。良かった良かった。

いい笑顔!よかった^^

いい笑顔!よかった^^



一仕事終えて、「やべー、こんな時間だ!」と焦っていると、店員さんが「よろしければどうぞ」ってコーヒーとお菓子をくれました。

スタバお菓子

こういうのって嬉しいですね。



スタバってこういうことやってくれますよね。さすがのクウォリティです。

初めて会った人たちでも共通のゴール(スタバWi-Fi接続)に向けて、一致団結協力できました。
終わった後、ちょっと仲良くなった気分になったり。

プロジェクトマネジメントの、気づきもあってラッキー。

一応カップルお二人に「無事使えてますか?」と確認すると、Thank youの連呼。
「アリガト」を教えておきました。

スタバのお姉さん、、暗いよ∑(゚д゚*)

スタバのお姉さん、、暗いよ∑(゚д゚*)



なんでもドイツからコンテンポラリーアートの展示会で日本に来ているそう。
残念ながら、聞いたのが最終日だったので、遊びに行けませんでしたが、盛会だったようで何よりです。

お二人の展示会です。もう終わっちゃったのかなー↓

hunt and collect in the urban forest
Nora Rochel
Stephani)e Hensle


折角来日してくれたんだから、日本が好きになってくれたら嬉しいなぁ^^

 

PCステッカーの誕生はこちらから:

【「集める」から「集まる」】作業を増やさず、仕組みを作るステッカー戦略

今日の一冊:ありがとうの育て方



 

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.