【意識高い系】ですけど何か?

標準

何かと話題の新書『「意識高い系」という病』読みました。最近のブランディングブームに反対の立場を取る面白い本です。

中身見て、イタイイタイ。やっていることや知っている方が叩かれていて居たたまれない。

イベント主催、読書、ソーシャルメディア活用。。アタタァ(>_<)
主催する勉強会一覧

ボコボコ

ひどい言われようです。



要は、自分のことを「盛る」行為ばかりしていないで、本当に実力をつけるために目の前のことを必死でやれ。

ソーシャルは「相互監視社会」で、ずっと自分のやってきたことがトラックレコードとして残るぞ。格好よく見せたっていつかボロが出るから。

という内容で、納得です。小川も先日、適当な行動がバレて、兄貴分の不動産屋さんに諭されました。なにやってんだか。。

とはいえ、相互監視社会だからこそ、ちょっと背伸びし続け、そのギャップを埋めるために努力するっていう考え方もありだと思う。
自戒としてですが、人を傷つけず、真摯なチャレンジだったら失敗しても経験になるし。

信用

結局はコレ。これを失う行動をしました。情けない


自分磨きは、ウソだ。その前に、まず目の前の仕事をしろ。

同感。でも、目の前の業務から一歩引いた、レイヤーの違うスキルも身に付けないと先細りますけどね。

企業と一緒で、自分も将来に投資していかないと、自分のやりたいことやる能力なんて、最初から身に着けてないんじゃないですか?

課長や部長になってから課長の意識で仕事するんじゃない。課長になる前に、自分が課長だったらどうするか、不足するスキルや汎用的なスキルは何か。。と努力するのが当たり前です。

少なくとも、小川はそういう人と仕事がしたい。
そういう自分はあんまり磨いてないですが(^^ゞ

「連続起業家」家入さんは、

「情弱w」「意識高いw」なんて発言を見ると本当にムカムカするんだよね。おまえどんだけ情報強者なのかと。斜め上から皮肉れるほど偉いのかと。

少なくともウェブでサービスを提供しようとしている側の人間は冗談でも「情弱w」なんて使っちゃいけないと思うんだよな。ライフセーバーが「子供が溺れてるワロタww」なんて遠くから眺めてる様なもんだ。

と言っていました。

知識でなく成果に焦点を当てることは重要です。それでも若いベンチャーなんて、誰も教えてくれる環境じゃない。目の前の仕事だって、作らないと存在しないんです。

だから社外に相談できる仲間を作って、何が必要なのか必死で探って、生き残ろう、成果を出そうと努力してます。今結果出ている人ばかりじゃなですが、その過程を馬鹿にしてどうするの。そっちの方が格好悪い。仕事の量を減らしてやっているやつらなんかいないです。

そんな読了感でした。あっ、小川は「意識高い系w」でも何でもいいです<(_ _)>

今日の一冊:「意識高い系」という病


Twitter用ハッシュタグ
#ソーシャリアル

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.