【掲載誌届きました】スカイマーク航空の機内誌

標準

格安航空(LCC)って乗りますか?サービスを絞り込み効率化して、業界の常識を壊した実績、マーケティングの視点からも尊敬に値します。

付加価値を加える差別化って、ややもすればプロダクトアウトの罠にはまってしまう危険をはらんでいます。高機能=高付加価値ではなく、高収益=高価格でもないということは、事業者として肝に銘じておくべきです。

ただ、「走れ!プロジェクトマネージャー!」大木さんからは、スカイマーク社がLCCと呼べるかは微妙とのご指摘もいただきました。日本でのLCCは、ジェットスター、ピーチ、、言われてみると、その二つはあきらかにLCCですが、それと較べるとスカイマークは。。

言われっぱなしも悔しいので、日本のLCC一覧をググったところ、スカイマーク、ありました。よかったよかった。

で、本題です。そのスカイマークさんから機内誌が数冊送られてきたんですね。なぜかというと共催している読書の朝活 東京朝活読書会(通称:エビカツ!) が載っているんです。昨年11/19に取材を受けていました。

スカイマーク1月号

スカイマークの機内誌に載るっていう経験。出張に行きたくなります。



四つくらいのコミュニティが紹介されているうちの一つなので、取り上げ方は小さいですが、他に紹介されているのは、美崎栄一郎さんが主催する:築地朝食会 など、早々たる面々の末席に加えていただき光栄です。

今回の取材の経路は、築地朝食会さん以外は、2012/06/10に放送された、NHKのサキドリ!で紹介されたコミュニティでした。小川が特集された時の放送です。

弊社が同業他社さんの動向を注視しているように、メディア関係者さんも他のメディアはウォッチしていますよね。事実、NHKで取り上げられてから他のメディアからの取材の申し入れが格段に増えました。

ビジネスでも同じで、弊社のようなスタートアップの事業者はまだ信用がない。そもそも20代そこそこの若造が代表やっているってウサンクサイですし笑

「どこが導入しているんですか?」「前例が。。」とかはよく聞く話です。ただ、実績を待っていても仕事にならないので、メディアに出たり、コミュニティ活動を通して、少しずつ信用を作る活動を積み重ねています。

まぁ、好きだからこそ続くこと。仕事も社外活動も、好きな人と好きなことがやれる状況に感謝感謝です<(_ _)>

現在スカイマークの飛行機置いてあります。年始の帰省ラッシュ、お時間ある方、スカイマーク航空に乗って座席に置いてある機内誌を見てね^^(オイオイ)

今日の一冊:破天荒:LCCの草分け「サウスウエスト航空」の実例です。

トム・ピーターズの序文「今年はビジネス書を1冊しか読むひまがないという人には、ぜひ本書を推薦したい」

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Leave a Reply