【新入社員が入ってきたら】アタマを使うな?成果を出す人の考え方

標準

がんばって資料作ってくれた伊藤くん(仮)へ。

仕事締め切り

仕事抱えちゃったね。。



昨日は資料作り手伝ってくれてありがとう。データ共有された時間を見ると、遅くまでやっていてくれたみたいだね。お疲れ様でした。

メッセージの最後に「同じことやっているのに、スピードとクォリティにこんなに差が出るのはおかしい。何が違うのか」と聞いてくれていて本当に嬉しかった。
違いを見つけてそれを取り込もうとする姿勢、今よりもっと成長していくと思います。

今の苦労は報われるよ!

今の苦労は報われるよ!



折角質問してくれたんで、伊藤くんの一番の課題になっていることについて答えよう。

アナタが今一番やるべきことは

自分で考えない。こと。

えっ?普段、「もっと考えろ、もっとアタマ使って仕事しろ」って言ってるのと矛盾するって?
そうだよね。じゃあ、少し説明させてもらおうか。

「自分で考えない」とは、誰かが既に考えているんじゃないかって仮説を持つこと。例えば資料作りだったら
  • テンプレートを誰かが作っているんじゃないか
  • 過去に似たような会議・プレゼンがあった時にはどうしていたんだろう
って考えること。そこにアタマを使ってください。

おれがこのブログを作った時、マニュアルの類は「WEBに公開されているんじゃないか」って疑いました。
「こんな機能ないかな」って思ったら、「プラグインがあるはずだから、なんて検索したらヒットするだろう」って考えます。

何かないか女性

工夫をすることにアタマを使ってください。



WEB上に膨大なアーカイブがあるんだからを、記憶や知識に関わることは外部脳を活用するように、検索リテラシーを高めてください。
友人のエンジニアは「欲しいと思ったものは、たいてい何でもある」って表現してました。

ちょっと話が逸れるけど、定例の新規事業ブレストなんかも、そこで出てくるアイデアは世の中の人が既に考えているものだと思ってください。

アイデアっていうのは浮かんできた瞬間に、国内だけでも100人くらいが同じことを、あるいは似たようなことを思いついているんです。思いつくのって自由ですから、ノーコストですし、『これいいんじゃない』っていうのはみんな思いつくんですね
ネットプライス 代表取締役社長兼CEO 佐藤輝英氏

だから、小さい形でリスクを押さえて、市場に出して適応しましょう。やっていれば課題も生まれるし、ポジションが固められれば参入障壁にもなる。

思いついた100人から実行するのは3人。その中の1人がポジションを勝ち取れたらいいね!って感じです。

本題に戻ろう。
キミが本来考えなきゃいけないことは「資料作りのスキル」を身に着けることじゃない。


利益をもたらすのは外部、すなわち顧客だけだ。

P・F・ドラッカー

組織の外に貢献するスキルを身に着けてください。外部への貢献のために、他の人の力を上手に借りられるようになってください。

大丈夫、おれも社会人になったばかりの時、議事録を自分でひな形から作ろうとして叱られたし、マニュアルの改訂を依頼された時、元のマニュアルをタイプして作り直そうとしたんだから。すぐできるようになる。

ネット上で調べられないこと、簡単に解決できないこと、それこそがアナタがやるべき仕事です<(_ _)>
ファイト!

今日の一冊:残念な人の仕事の習慣

Twitter用ハッシュタグ
#ソーシャリアル


小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Leave a Reply