【書評】の繁盛サイトも「LPO」で稼いでる!~SEOやリスティング広告でアクセスアップさせればいいと思っている人への処方箋~

標準

WEBで物を売るなら、SEOと広告のことだけ考えていればいいと思っていませんか?

久しく、読書家社長っぽい記事を書いていないことに気が付きました・・

書評とか全然書いていないです。

なにそれおいしいの
このまま続くようだったら
ブログタイトルも変更したいなぁとか考えていますが、
休日らしく久しぶりに書評でも書いてみます。

今回ご紹介するのは、
あの繁盛サイトも「LPO」で稼いでる!

ランディングページ(WEBでの訪問者が最初に到達するページ)の最適化、
SEOの「O」と一緒の意味で、ランディングページで、訪問者の心を鷲掴みしちゃいましょう!
という本です。

これをこう・・グッと

これをこう・・グッと



著者のココマッチー川島康平さんと、忘年会で知り合わせてもらって購入した本。
ようやく読めました。

本書のターゲットは、
  • 「ホームページで物を売るって全国にチェーン展開するのと同じだよね!」と、
  • 意気揚々とWEBサイトを立ち上げたけれども、なかなか売り上げが上がらない
  • 中小企業のWEB担当や社長。
繁盛店の考え方、CVR(コンバージョンレート:目的のアクションを起こしてくれる確立)を高めるやり方は、
豊富な経験に裏打ちされています。
  • 行動ターゲティング
  • 検索ターゲティング
  • エリアターゲティング
各手法に沿って、しかもLP(ランディングページ)をどう作るべきかの基本を押さえています。

どうやるか?(プロセス)というよりも、どうなるか?(結果)について書いた本なので

ノウハウ的なことを知りたい方には物足りないかもしれませんが、
結果が重要な経営者にはワクワクする一冊に仕上がっています。

中小企業のECサイト担当者が、社長にLPOに対する投資を増やさせたいシチュエーション、
そっと机の上に置いてあげてくださいw

ここらへんがねらい目

ここらへんがねらい目



とはいえ、ノウハウがないかと言うともちろんそんなことはありません。
クリエイティブバナーの使い分け時、カテゴリ分けする基準など、
著者には当たり前の細かいノウハウが宝の山です。

平成22年発売ということもあり、業者としてガンガンやっている人には
物足りないかもしれませんが、基本は網羅しています。

これからWEBで物を売りたい人が一冊目に読むべき本
SEOと広告のことだけ考えておけばいいわけじゃありませんよ!

どちらのルートを通ったって、行きつくところはLPです。

行きつくところ!

行きつくところ!



小川、川島さんの別の一冊、『お客をつかむウェブ心理学』も買ってしまいました。
こちらも楽しみ。

アクセスアップよりはコンバージョンレートアップ!
成約率重視の思想は、リアルもWEBも変わりません

超共感できる一冊です。

今日の一冊:あの繁盛サイトも「LPO」で稼いでる! (DO BOOKS)

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。