【気の利く人になりなさい】分かりやすさを構築する2つのポイント

標準

こんな状況、初めてです!

どこまでセクシーにするか悩んで日和りました(^^ゞ

どこまでセクシーにするか悩んで日和りました(^^ゞ



昨日の記事:【5分プレゼンの作り方解説】自分にしか興味ない人に聞いてもらう三つのステップ 自信満々で書いてみたのですが、無風

今まで、前後編のエントリーは反響があるものばかりだったので、続きを書くことに抵抗がなかったのですが、ここまで反応が悪いと、続きを書いていいのか迷います・・

やりきるか、引き返すか。

やりきるか、引き返すか。



やると言ったらやりましょう!ということで、最後まで一気に書いてみます。

昨日のまとめ:プレゼンの作り方(改)

分かりやすい表現作り

最後は、プレゼンをどんな調子で聞かせるか。
  • 相手の疑問に先回りして答える
  • 相手がわかりやすい説明をする
なんかヒントはないかなぁと、師匠のYoutubeを見ていたらこんなの見つけました。

たとえ話のうまい使い方

ARVE Error: no id set



わかりにくいところがないか、自己点検したところ、「状況の力」というのが、よくわからない。

そこで、「操られる」というコンセプトを「魔法使い」に統一しようと思いつきました。

下ネタ恐縮。小川は30歳までって聞いてましたけど違うんですか?

下ネタ恐縮。小川は30歳までって聞いてましたけど違うんですか?



“思いついた”と言っている以上、論理の橋渡しがあるわけではありません

クリエイティブの世界になってしまうのですが、ロジカルに詰めていっても、どこかでジャンプしなければならない

崖ジャンプ
でも、そのジャンプする距離をどれだけ短くできるかは、努力できます。

再現性を高めるためには、いきなり斬新なアイデアスタートで発想するのではなく、
調査・思考を煮詰めていく。

ロジカルシンキングや、フレームワークも、質と速度両面で再現性を高めるためにあるんですよね。

そんな思考プロセスを踏んで、今回は例えを全て
  • 予言
  • 魔法
という言葉で統一しました。

そうすると、聴衆の疑問も見えてきます。
  • 魔法のかけ方を知ったら、
  • 自分が魔法にかからない方法も気になるんじゃないか。
と想像できます。

こいつらみたいな

こいつらみたいな



振り返って動画を見ると、例えとしては強引だったかもしれませんが、納得してもらえたのかな?

参考:テーマプレゼン

ARVE Error: no id set



そして、また構成に戻って、
  1. イントロ:予言
  2. ボディ:魔法のかけ方、解き方。プラス読むべきメリット(現実世界で魔法使えたら、思い通りの人生歩めますよね)
  3. エンディング:冒頭の予言は、「予言」なのか、それとも「魔法」なのか。
エンディングのヒントはクイズ番組のCM前です(^^ゞ

小ネタですが、読みたい「けど・・」の後に続く部分を解消してあげることは重要ですよね。

読みたい「けど、難しい内容や、負担の大きい本は読みたくない」。そのために、

「答えは本書の第二章にあります。」とお手軽感を出してあげたり。

お手軽ダイエット
結局、どこまで聴衆にserveできるか。
気の利く執事さんみたいなプレゼンが理想なのかもしれません。なんて、たとえ話で締めてみたりして<(_ _)>

※8/6、日本橋で師匠のセミナーです!
プロのプレゼン!プロの指導!
あと数人ですが、本気の方だけ一緒に学びましょう<(_ _)>

【学びを成果に活かせる方限定】カリスマ3人のスピーチから学ぶ 「心をつかむプレゼンテーション」の極意

コンセプトとストーリーはコチラ:【5分プレゼンの作り方解説】自分にしか興味ない人に聞いてもらう三つのステップ

プレゼン紹介本
今日の一冊:考えてるつもり ――「状況」に流されまくる人たちの心理学



もう一冊!
こういう本にこそ、ビジネスのヒントがある気がします。
2000年残るビジョンとメッセージを伝え、世界最大の組織を作った人!:キリストのたとえ話

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.