【知らなかった】PDCAでわかる『100円のコーラを1000円で売る方法』の完成度が高い理由

標準


PDCAサイクルって円じゃないって知ってました?

PDCA2

PDCAは二次元の 円 ではありません。



それを教えてくれた100円のコーラを1000円で売る方法2の永井さんが主催する「6:30からの早朝勉強会」朝カフェ次世代研究所に行ってきました。

今回は、永井さんご自身が登壇しての「 ビジネスパーソンの出版戦略」。
今年の目標は出版!と決めている小川にとって興味津々です。

本を書く目的は、教えてもらってきたことを社会に還元する「Give back」
ビジネスパーソンが出版するために必要なファイブフォース
ビジネスパーソン2.0とは etc

一つずつのトピックで記事が書けてしまいそうな内容でした。

ビジネスパーソンが出版するために必要なファイブフォース

ビジネスの現場で学べることと、学べないことがあるとのこと。



競争する意思を示せ

ライフネット生命の出口社長から言われた言葉に「競争する意思を示すことが重要」と。納得



詳細は永井さんご本人のブログイシン大木さんのブログなどで確認していただいて、こちらはちがった切り口で。

実は小川、同じテーマで以前に講演を聞いていました。
昨年、ブクブク交換に永井さんがゲストスピーカーとして呼ばれていた時、たまたま行っていたんです。

その時も「なるほど」と思いましたが、今回聴いて驚きました。クォリティが遥かに高くなっている。
スライドも変わっているし、新しいトピックも増えています。

出版やご自身のビジネスシーンでも同様とのことですが、一旦ドラフト、プロトタイプをオープンにして、フィードバックをもらいながら完成させていくそうです。
いうなればアジャイル型

二次元の円ではなく、三次元のPDCAらせん階段を何十回も回して出版に到る。
ベストセラーの冠は伊達じゃないな、、と、改めて実力のほどを見せつけられた朝でした<(_ _)>

PDCA三次元

PDCAはらせん階段です。



追記:そういえば毎回twitterで実況されています。
#asacafestudy かtogetterでまとめられています。影響されてこのブログもハッシュタグ付けてみました。#ソーシャリアル

2013/01/17追記:永井さんご本人のブログで、当日の様子が記事になりました。本家の解説もご確認ください<(_ _)>

今日の一冊:100円のコーラを1000円で売る方法2

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Leave a Reply