【自分の人生を越えよう】10年後もワクワクできる20代の未来改造計画、読んでみた!

標準

一つ目の荷物が届きました。

イベント用に、出版社(東洋経済新報社)さんから、小山龍介さんの新作

10年後もワクワクできる 20代の未来改造計画』の献本をいただきました!

デデーンと!本屋さんになった気分です。

デデーンと!本屋さんになった気分です。



早速読んでみたのですが、わたくし、ジャスト対象年代です。

小山さんがノマドワークを選択したのは27歳。小川と同い年のころです。


 「ノマド」とは遊牧民のことであり、いつも決まった場所ではなく、カフェや公園、お客さんのオフィスなどでノートパソコン、スマートフォンなどを駆使しネットを介して場所を問わずに仕事を進めること。「サードプレイス」という自宅でもなく、オフィスでもない、第三の自分の居場所で仕事を行う新しいスタイル。



日本だけでなく「世界」というスケールでものごとを捉えたのがこの時。

口だけでなく、実感として。

口だけでなく、実感として。



自分はできているでしょうか?

入社5年や6年の小川と同世代。

仕事にも慣れ、自分の裁量で判断ができるようになり、仕事が楽しくなっている世代。

要領よく仕事をするようになってしまって、まだまだ修行期間だということを忘れてしまいがちですが、「度胸」を身に着けるためにも、新しいチャレンジ、仕事での修羅場は経験していかないともったいない。

なんでも挑戦!

なんでも挑戦!



スティーブ・ジョブスの言った「点をつなげる(Connect the dots)」。一見脈絡のない点がつながると信じることによって「自信」が生まれます

コンフォートゾーンにいては、気がついたら時間が経ってしまう。

そう、あたかも「えっ?もう2013年の1/3終わってるの?この間年越しだったじゃん∑(゚д゚*)」と嘆いている小川のように。。

生きるとは時間そのもの

生きるとは時間そのもの



強化学習(教師あり学習と違い、まだ答えがわかっていない領域や、答えがそもそも存在しない領域を開拓していく学習プロセス)を継続していき、長い時間学び、最終的には、自分の人生を越えるような、「何か」が残せるように。

自分の人生を後悔しないために、一度読んでおくべき本だと思います。

※ちなみに今日、5/2は小山龍介さんのお誕生日。僭越ながら、お祝いに代えて、書評を贈らせていただきます。おめでとうございます<(_ _)>

おめでとうございます(o´∀`o)ノ

おめでとうございます(o´∀`o)ノ



あっ、そういえば、何のイベント用の献本かというとコチラです↓
5/14~5/17に有楽町マリオンで行う映画のイベント

【小山龍介×美崎栄一郎対談】アナタの生産性を9倍上げる!仕事と生活の「設計」を劇的に進化させるワークライフデザイン

当日にサイン本プレゼントができるような数量を用意しておりますので、よろしければ足を運んでみてください^^

今日の一冊:10年後もワクワクできる 20代の未来改造計画

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.