【試してみた】朝がアウトプットに向いているなら、仮眠を繰り返せばアウトプットの質を維持できるか?

標準

アウトプットには朝の時間が向いている!

芽吹く朝

芽吹きの朝



ライフハックの小山龍介さんがおっしゃっているのを聞いて、やっていることに自信を持ちました。

ただ、どうしても書き物であったり、アウトプットする作業というのは疲れがたまるもので、何時間も集中してできません。

そこで、試してみました。

何事もtry&エラー

何事もトライ&エラー


昼寝を繰り返すことで、アウトプットを集中してできる時間が増えるのか?

作業時間を90分で区切って、終わったら休憩(昼寝)を繰り返す。

やっていることはアホな動き方ですが、ワリとマジメ。成果物を見せなければいけないものが溜まっているから、どうやったらクォリティと量が増やせるか、ワリと必死です。

朝普段通りにアウトプットをして、その後、仮眠取って、またアウトプット。。

いつでもどこでも寝れるのがウリです。

いつでもどこでも寝れるのがウリです。



最初の一回の仮眠は良かったんですけどね。

二回三回と繰り返していくうちに、起きた時に身体がダルくなってきて、、最後は夜寝るのがツラくなっちゃいました。
寝ようと思っているのに、アタマが冴えちゃって、余計な考え事とか始めちゃう。

結果、本日寝坊しております。

なんとなく睡眠の質を下げちゃったなと反省。
これは習慣づかないように、今日は気をつけないと。。

教訓:睡眠は大事。無駄遣いしないように。

今日の一冊:10年後もワクワクできる20代の未来改造計画



 

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.