【選択肢が多すぎて選べない】プロに教わる、「自分で英語を学習する方法」やります。

標準

英語、やるって言ったのになぁ。。

英語苦手

やばいよ~



本日、4:00からカナダとスカイプしました。自分の語彙のなさと、英語の聞こえなさに落ち込んでいます。
義理の兄も外国の方で、英語の必要性は十分理解しているつもりです。何度もそれで困りました。

ただ昨年、ニュージーランド人の在京英語教師に英語のレッスンをしてもらっていたのですが、どうもタイミングを合わせるのがツラくなって、習慣化するまでに至りませんでした。

かといって、早朝英会話。仕事柄、集客でお手伝いさせてもらっているところもあるのですが、なんとなく足が運べなくなっています。

「英語はやります」ってコミットしたのになぁ。。ショボン<(_ _)>

英語やるって

はぁ。参った参った。



そんなことばかり言っていてもしょうがないので、問題を解決したい。

今回の問題を考えると、どうやら「自宅で学習する仕組み」が用意できていなかったこともマズかったかなと反省。

最近はWEBも発達していて、ネイティブがしゃべる動画なんかも豊富にあります。
グラマー特化も、ボキャブラリー特化も、存在は知っている。

でも、多すぎて選べないんですよ。

シーナ・アイエンガー『選択の科学』によると

24種類のジャムを売り場に並べたときと、6種類のジャムを売り場に並べたときでは、24種類並べた方は、6種類に比べて売り上げが10分の1しかなかった。

選択肢は多ければいいってもんじゃないということですが、選択肢の数を絞るより、もっとラクな方法、知ってますか?

それは、、、

 

詳しい人に聞く!!

引っ張るほどのことじゃないですね。ごめんなさい。

これ、小川は何にしても大切なことだと思っていて、「選択と集中」。自分が得意なことにひたすらフォーカスしてやっていきたいなぁと。

経済学用語では「比較優位」なんて言います。

例えば、法律・ファッション・HP作成etc
自分でやってみようと思う気持ちは重要ですが、専門家は「そこに使っている時間」が違う。

投下する労力に対して、得られる成果が違うんですよね。強みは交換していきたいです。

話を戻すと、英語の教材選びなんかもそう。
「もうちょっと英語上達してから教わろう」なんて思っていても、英語の教材選べないんじゃ一生上達しません。

困っている人のところには助けが来るもので、小川の関わっている早朝読書会に参加してくれた、英語本の著者Tad金子さんと、「なんか一緒にやりましょうか」と。

最初は、ご本人の著書解説でも、、と話していたのですが、「プロが教える無料英語教材の選び方」というアイデアが出たので、飛びつきました。

とびつく

チャンスだ!



個人的に教わりたいなぁと思っていたのですが、どうせなら皆で聞いちゃいましょう!
ということで、3/28木の朝、渋谷でセミナー開催です。

iPhone Siriのインストラクターでもあり、先日は六本木アカデミーヒルズで講師もしていた、Tad金子さん、お任せするのに、不足はないかと。

Tadさん、ご快諾ありがとうございます<(_ _)>

教わる前後で「英語の聞こえ方が変わる体験」をしてもらって、それを実現させる無料英語教材まで教えてもらう。

これなら小川でも英語をやる気になれそう。

それだけ教えてもらうんなら、3000円5000円かかるんだろうなぁって言う方。安心してください。

朝の短い時間ということもあって、今回会場費のみのワンコイン
その代り、個別指導みたいなことはできませんので悪しからず。

お伝えするのが遅れてしまって、残席あと2名(キャンセルバッファであと4名までは募集します)。

「あの時やると言っていた英会話」小川と一緒にやりましょう。

知合いに英語なんとかしたい人がいたら、教えてあげてくださいな<(_ _)>

3/28 7:10~
【プロが厳選、無料の最新・最先端英語教材で身につける!】著者が語る、英語の見える化セミナー~Tad金子氏×エビカツ!


130328英語

独り占めするような話でもありませんので。



※強みの交換の実例:強みの交換。「インターネット法務の開拓者」の名前が伊達じゃなさすぎる件

今日の一冊:英語の耳と口を手に入れる13の法則[CD付き]

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.