【限りある人生だから】アタマをスッキリ軽くする、Googleカレンダー活用法

標準

おめでとうございます~(o´∀`o)ノ

いつもより余計に。。

いつもより余計に。。



なにが?って決まってるじゃないですか。

アレですよ。

ボクの生誕10,000日ですよ。

オレおめでとう

オレおめでとう



あっ、待って!まだ読むの止めないで!!後半いいこと書いてあるから!!!

ということで、今日(13/05/07)で生まれて10,000日です。

普通、10,000日なんて知らないですよね。
小川も ビジネス界のアンプ に教えてもらうまで知りませんでした。

なんとなくキリがいいのは事実。サプライズのお祝いにはもってこいです。

27歳の方が該当しますので、お祝いする機会がありそうな方は
生まれて何日チェック で確認してみてください。

リンク:10000日目の誕生日でサプライズ!

小川もそうなんですが、「お祝いごと」って財布のヒモが緩むので、消費機会の創出になります。
というか、祝った側も祝われた側もHappyですしね!

記念日を自分で作るという発想。消費や購入する「理由」を作ってあげるというのは、事業者として見習いたい。

とはいえ、記念日やお祝いの念日を覚えておくのは大変なモノ。

付き合った記念日とか。結婚記念日とか。

先輩の恐妻家愛妻家たちには、結婚記念日は忘れたらアカン。って教えていただいております。

そこでオススメしたいのは、Googleカレンダー
使っている人も多いと思いますが、リマインダーには超便利。

こんな感じで設定するだけ

こんな感じで設定するだけ



タスクの切り分けをすることで、自分のアタマをすっきり軽くしてくれます。

操作方法は簡単なので、あえて省略。

不安な方は、動画マニュアルもありますので、確認してください。

Googleカレンダーの使い方

今回お伝えしたいのは、ツールを使いこなす発想法
一度設定するだけで、その後ずっとラクになる「仕組み作り」についてです。

イエイ!

イエイ!



例えば爪切り。毎回「伸びてきたな」と思ってから、爪切り探して、切るタイミング計っていませんか?

そんなくだらない時間は、Googleカレンダーに登録してしまって、二週間に一度のタスクにしちゃえばいいんです。

他には、記念日。クリスマスとか。
当日のアラート設定はもちろんのこと、買い物とか準備の時間、確保していますか

小川は三週間前に「Xmas買い物」っていうタスクと、二週間前に「Xmas買い物確認」っていうタスクを登録しています。

おかげさまで記念日忘れの失敗はありません。

※クリスマス、フリーだとすごく悲しいタスクになってしまうので、「やばい!」っていうモチベーション喚起効果もあります。

準備万端で一人は悲しすぎる。

準備万端で一人は悲しすぎる。



ただ、一年に一回くらいのものだと、意味のないアラートになってもうっとうしくない。

知人は、「請求書発送」というタスクを毎朝作って、「なんだよ。そんなに発送する請求書ないよ」と悲しい想いをしたそうです。

やはり効果的なのは、定期的に行うもの

PDCAの目標設定や、チェックに使う時間を、月次や週タイミングで確保するとか。

最近では、髪を切るタイミングとか設定して、事前にスケジュール確保しています。

小川、一月半経つと髪切りたくなっちゃうんで、6週間刻みでスケジュールにインしています。

この予定は、時間作りやすいタイミングを計らないといけないので、目安アラートだけ設定して、前後でスケジュールを調整する感じです。

一度、自分の日々の行動、見直してみて、もっと使うべきことに時間を使ってみてはいかがでしょう?

大切なことを大切に。。

大切なことを大切に。。



今日の一冊:最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術



 

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.