【隅田川花火大会中止】人が集まるところにはビジネスの種が転がっている。

標準

人が集まるところには、ビジネスの種はころがってます。

写真だけでも

写真だけでも



昨日の隅田川の花火大会、残念でした。

開始直後に雨が降り始めて一気に豪雨。
打ち上げる前なら、雨天順延になるのですが、一旦打ち上げた後は「中止」

ルール作りについて、考えちゃいます。

世の中のカップルが盛り上がる機会が一つ失われたと思うと、ざまあみr残念でなりません。

上手くいかなかったヤツ、これみて元気出せよ

上手くいかなかったヤツ、これみて元気出してよ



ただ、一番残念なのは、近隣のお店の方でしょうね。

飲食店の方やテキ屋さんなんかは、この日を見込んで相当量を仕入れているでしょうに、廃棄せざるを得ません。

フランクフルトみたいな、冷凍しておけば良さそうなものはともかく、日持ちのしないものを仕入れちゃったらエライこと。
通常30%以下くらいの原価率とはいえ、営業計画からのギャップを考えると痛いです。

そう考えると、全て商売は水物とはいえ、飲食店ってツラいビジネスですね。好きじゃなきゃできない。

その分のリスクプレミアムが価格に反映されていると思うと、祭りでの値段の高さも許せる気がします。

原価から考えると、暴利といえる価格設定です。

原価だけ見ると、暴利といえる価格設定です。



その点、タクシーはまだリスクが少ないですね。
人が集まった時点で、その後タクシーが混雑するのは約束されたようなもの。

どの時点で売上げが決まるのか、早ければ早いほどいいです。だから競争も激しくなりますが。

そして、わかっているのに、毎年タクシーがつかまらなくてイライラするのも飽きました。

一万円払うからさっさと乗せてくれ・・という人も多いはず。
昨日実績で、蔵前から六本木は4000円ちょっと。

タクシー会社にアウトソーシングしても、原価率40%くらいです。
儲けたければ原価率は40%にしなさい! という本もありましたけど、原価率40%のタクシー派遣業も、スポットで可能そうですね。

できれば高級感がある方が望ましい

できれば高級感がある方が望ましい



95万人の来場者の内、5%は一万円払ってもタクシーに乗る、所得に余裕のある層でしょう。
近場の人もいるかもしれませんが、距離を勘案しても、三億円くらいの市場は見込めそう。

売上保証をどれくらいにするかによりますが、事前契約しておけば、最悪迎車に来てもらって、
流しを待っている人たちに、迎車代含めて吸収してもらえば、在庫(契約車両数)が残るということはないでしょう。

事前に人が集まる場所が分かっているんだから、店舗の人に声をかけたり、
「一律一万」でビラ配ったりしても良さそうです。

個人でも、(白タクになっちゃいますけど)
花火に興味がない人にお金渡してバイトにしてもらう

タクシーじゃなくて、運転手名目にすればOKか

タクシーじゃなくて、運転手名目にすればOKか



交通規制が解かれる時間はわかるんだから、時給で言ったら結構いいバイトになりそうです。

交渉は閑散期にやりたいから、来年あたり、ちょっとやってみますかね。
事前にタクシー会社にネゴっておけば「売上保証」っていうキーワードでまとめられそう。

人が集まるところには、ビジネスの種はころがってます
そんなこと思った花火大会でした。

今日の一冊:儲けたければ原価率は40%にしなさい!



 

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.