【O2O対談】ソーシャリアルの人とお会いしてきた

標準

いやー、世の中は本当に狭い!驚きます。
昨日、それを思い知らされました。

というのが、このブログのタイトルにもなっているソーシャル×リアル「ソーシャリアル」(sociareal)。

ソーシャルおじさん10号ことソローサービスの鈴木さんからお借りしているキーワードなんですが、Googleで検索してみてください。

ソーシャリアル

上から4番目が小川のブログ



どうです。勝ててませんよ。

よくよく見てみると、社長の林さんは学校の先輩。共通の知合いもいる様子。
それでアプローチをかけてみると、おそろしくスピード感のある方で

「どうも初めまして。で、いつ会います?」って感じ。

小川が「六本木でソーシャルメディアを使った、、って自己紹介する間もないですねww」ってなりました。

間は割愛しますが、ついに!お会いしてきました。

自転車を盗まれるというハプニングにもめげず、なんとかたどり着いたのは懐かしい三田の慶応大学キャンパスから徒歩1分。

かわいいオフィス

逆行ですが、ぬいぐるみいっぱいです。



かわいいぬいぐるみがいっぱいある中に鎮座するのは社長の林さん。

ソーシャリアルの林さん

林社長



学生時代からWebで炎上マーケティングを含め、成果を出してきただけあって、知識も話題も豊富。
今は、O2Oサービスを提供していて、

すれ違い通信を利用したプレイリストの共有アプリ
milist

milist

ローカルプレイリストの共有アプリ



愛犬のための健康管理アプリ
DogPal

Dogpal

愛犬のための健康管理アプリ



など、開発もできる。

ソーシャルのこれから、ネイティブアプリとWebアプリの差別化の話など、、途中トイレ中座が入るくらい、長く熱心に話合っちゃいました。

弊社に相談のあった話で、位置情報が必須のアプリ開発の話があったので、それの相談も兼ねていたのですが、それはどうやら開発コストが重い様子。そうだと思ったんだ笑

これからも相談乗ってください!って言うのも、社交辞令っぽくなく「もちろん!」と乗ってくれて意気投合。
空気読めてないだけかもしれませんが。。笑

ソーシャリアルの本家(?)からは、これからも知恵と力を借りたいです<(_ _)>

今日の一冊:O2O 新・消費革命


 

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.