ブログ記事は新しい情報、変わった視点じゃないと意味がないのか?

標準

ノートPC重くない?iPadにすればいいのに。

先日、打合せで言われた一言です。

ipad
確かに、iPadラクですもんね。やりたくなる気持ちも、やっている人の気持ちも良くわかります。
小川も一時期やっていました。

でも、突発事項ってあるじゃないですか。クライアントに迷惑かけないように。

すぐにやらなきゃいけない!作業しないといけない!

少なくとも、ありそうだなって想像つきます。

そんな時に、iPadだとできない仕事というのがあるんです。

基本的に「○○なんで」って言い訳はしたくないので、
旅行先でも外出中でも、ノートPCを常に持ち運んで、連絡も取れるようにしています。

最近はワークスペースごと持ち運べるバッグも・・

最近はワークスペースごと持ち運べるバッグも・・



って思っていたら、こんな記事を見つけました。

私が常に仕事をできる状態にしている理由

私が常にPCを持ち歩き、自宅でも旅行先でも必ず仕事の対応ができるようにし、基本的にはためずに片っ端から片づけているのは、まさにこのようなことがあるからなのです。社内でもお客さんからでも、急な対応が必要なことはたまにはあるものです。あるいは、自分自身が風邪をひいたりして寝込んだり、または、交通機関が遅れたりすることだってあります。そんなときに「急な問題が発生したので、間に合いませんでした」と言い訳をするのは嫌なのです。急な問題が発生したのは相手の原因ではありません。もちろん、自分の原因でもないかもしれません。いずれにしても、「何かあっても大丈夫なようにできるだけ配慮する」のが当たり前だと私は考えて仕事をしているだけです。

via:プログラマー社長のブログ

全く同じ。我が意を得た想いです。

こういう、「皆が思っていることを言葉にして出す」って、
簡単なようで難しいことだと思います。

そうそれ

誰も思いつかないような、変わった視点
誰も知らないような、新しい情報

つい、そんなことばかりを求めてしまいますが、
それだけではないんです。

当たり前のことでいい。

必要なのは、増やすことではなく気づくこと

このブログでは、当たり前だけど表現できないことを表現し、
「そう、それそれ!」っていう感覚を得てもらいたい。

なるほど
先日小川のFacebookにこんなメッセージが届きました。

言葉にしづらいけれどとても当たり前のことが
簡単に分かりやすく書いてありびっくりしました。

嬉しい(o´∀`o)

難しいことをしようとしなくていい。
だから、当たり前のことをしっかりやる人でありたい。

人気の記事にはならなそうですけど。

大切だと思っているので書かせてもらいますm(_ _)m

今日の一冊:気づく力

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。