プロに囲まれて成長した時のパクっちゃう問題での成功/失敗パターン

標準

ホント、怒られてるウチが華です・・

昨日、珍しく食事会を開かせてもらいまして
チカラを貸してくれる先輩方と美味しいごはんを食べてきました。

楽しかったです!

楽しかったです!



ビジネスプロセスの前側から紹介すると、
  1. WEBデザインと仕組みで、「なくす」という解決をするコンサルタント
  2. Youtubeやブログで、筋力を上げるように「検索する人」から選ばれるWEBマーケター
  3. プレゼンテーションを通して、「コアバリュー」を伝わる形にするアドバイザー
  4. 営業行動の見える化で、「やっているつもり」にならない、「アナタの営業生活を伴走」するコンサルタント
  5. 問題は「起こる前に潰す」。背中を任せられるIT法務の弁護士
  6. パターン分岐の発想で、お客様が望んでいる解決よりも、「ふさわしい」解決を教えてくれるゲ・・税理士
写真を観てもらった人からは

>若き志士の後世に残る
>写真の様

と、表現された、めちゃくちゃ勉強になる会でした。

ガッテンだらけ

ガッテンだらけ



ついしゃべっちゃう小川は、
  • 顧客の感情が動く流れ
  • セミナー中にやっている「情報提供」「意図」「想像する感情」の話
  • 自分が自覚している「成功する人格」と「失敗する人格」の分岐点
の話なんかをつい偉そうに語ってしまったんですがf^_^;)

身に覚えが∑(゚д゚*)

身に覚えが∑(゚д゚*)



会話中に指摘されまくって気づいたこと。

パクりまくってますやん!

・・

・・

・・・

・・・

( °o°)ハッ

もはや意識していないレベルで他人様が語っていること、
教えてもらったこと、成功/失敗した事例

他人に何かを伝えようとするとき、

  • 自分より上手く表現したり、
  • 深く考えている人の言っていることが
そのまま「出てきて」しまいます

誤解しないで欲しいのが、悪気はないんです。 イメージで言うと、英語で夢を見る感覚です。

誤解しないで欲しいのが、悪気はないんです。
イメージで言うと、英語で夢を見る感覚です。


凡人は模倣し、天才は盗む

ピカソ

教わった言葉を、そのままの文脈で、そのまま伝えようとすると
ただの劣化コピーになってしまいます。

そして、筋を通さずパクっていると
これまた失敗します。

※この「出し抜こう」「自分だけが利益を上げよう」とした考えは、
小川の”失敗する人格”です。

イエローカード、気づいているか?

イエローカード、気づいているか?



ちなみに、成功人格失敗人格の話も、クライアントから聞いた話を自分なりに解釈しているものですf^_^;)
  • 自分の言葉、事例で語れるくらいまで腹落ちさせてから使うこと。
  • 使うときには、その人へのリスペクトをもって、仁義を通して使うこと。
ニコやかな会場で、
一人冷や汗をかいていたのでしたm(_ _)m

今日の一冊:自分の言葉で語る技術

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。