与沢翼さんの資金繰り問題について、他とはちょっと違う「経営者の意見」

標準

「秒速で1億稼ぐ男」与沢翼さんの会社が、資金繰りショートで事実上の倒産。

こんな記事がネットをにぎわせています。

どうやら、もっと散在したらしい

どうやら、もっと散在したらしい



『ご報告』|与沢翼公式ブログ

ざっくり言って、税金払えないから事実上の倒産

事務所を変えて、再起を図ります。

という内容。

以前、ホリエモンこと堀江貴文さんが仰っていたことが実現したカタチですね。

ホリエモン

(ネオヒルズ族についてどう思うか聞かれたところ)税金はしっかり納めた方がいいよ、老婆心ながら。

【ホリエモンに、たった1つやり直せるならどうするか?を聞いてみた。】|坂の上で、見た雲は・・・

与沢翼さんの破たんについて、世の中で言われていること

一言でいって、「やっぱりか」。でしょう。

尻馬に乗ってきた人たち含めて、散々なことを言っています。
例示もしませんが・・

でも、それでいいんですかね。

与沢翼さんの破たんについて、私が思うこと

正直言って
  • 問題だったことも多いでしょう。
  • キライな人も多いでしょう。
  • ダマされた!と感じた人も多いでしょう。
でも、それだけ気になる存在だったわけじゃないですか。

与沢翼
私のことなんて、ダレも知らない。

でも、彼は、自費でマンガ出版をしてファミリーマートに流したり、

認知を獲得する努力とリスクを取っていました。
  • How(稼いでるぜ!おれみたいになりたいだろ、というブランドメッセージ)の良し悪しと、
  • What(認知を獲得して、リーチ出来る市場を増やす)の問題は別。
一緒くたにして否定するのはどうかと思う。

そもそも、与沢塾とか、「自分が信じるもの」として
与沢翼さんについて行くと決めた人が、
  • 自分が上手くいかなかったから
  • 与沢さんが上手くいかなかったから
手のひらを返して批判するのは、いかがなものかと思います。

こっちの翼くんも手のひら返すんですけどね

こっちの翼くんも手のひら返すんですけどね



何事も選択したのは自分です。私自身の自戒も込めて

与沢翼さんの二度目の失敗から、経営者が学ぶべきこと

与沢翼さんの会社。
ある程度、売上げは上がっていたみたいですし、

経営的に、直接問題だったのは、

お金の使い方

この部分でしょう。

お金の使い方
経営者にとって、お金の使い方は、
お金の稼ぎ方より、よっぽど重要

経営者は、全てにおいて

売上げを上げること

に注力すべきで、そのためにお金を使うべき。

単年度で(P/L的に)考えれば、

  • 売上げ - 経費 = 利益
なんだから、売上げを上げるためにお金(経費)を使わないと。

marketing-3step1
このロジックで言うと、
そのお金の使い方は、
  • 客単価を上げるのか。
  • それとも、獲得客数を増やすのか。
このどちらかでなければ、使う価値がない。それ以外にお金を使いたかったら趣味だ。
役員報酬から出してくれ

つまり、売り上げ増に比べて、経費増が少ないのが絶対条件

その意味で、与沢翼さんの

>以前は利益が出なくて倒産。今回は利益が出すぎて、税金で経営危機です。

これは、問題の本質が見えていない(か、まだ見栄が残っている)発言。

アタマ冷やそう

アタマ冷やそう



税法上、経費とカウントされていない出費だから
利益出しているという問題ではない。

どうだ、おれみたいになりたいだろう?

と売上げを上げるために使ったお金
(ビジネスモデル上の経費)が「売上げ増に比べて多すぎた」だけのこと。

与沢翼さんから学ばなければいけない、
既に来ている「個人の時代」のお金の使い方

自分のライフスタイルを売る方法。これは、今の時代には有効でしょう。

ただし、「おれ、稼いでるぜ!金持っているぜ」を
虚像としてやってしまう(つまり、先行投資として使ってしまう)と、

お金(経費)を使い続けなければならない。これがコワい。

典型的なSplurge(散財)

典型的なSplurge(散財)



広告の基本は、最初は「認知獲得」もしなければならないから、
広告費も多く出さなければならない(先行投資)けれど、

後半になるにつれて、出費を下げられる状態を作らないと(市場浸透)

ビジネスモデルにも、ライフサイクルはある。

一つのマーケットとビジネスモデルで永遠に
売上げを増やし続けられるわけがないんだから、

市場の成熟度によって
経費を下げて利益を確保することも考えないと、ビジネスが脆弱なままです。

ライフサイクル

もうちょっと進んだのかもですね。



今回の与沢翼さんの失敗は、
個人的には、学ぶところが多かったです。

再起してほしいとも、再起してほしくないとも思いませんが、

この一連の流れをみて

ざまあみろ

で終わるだけの、つまらない人間にはなりたくないな。

そう思って、長文書きました。

関連記事:『ご報告』|与沢翼公式ブログ

関連記事:【ホリエモンに、たった1つやり直せるならどうするか?を聞いてみた。】|坂の上で、見た雲は・・・

関連記事:頑張らないで成果を出す。お金と集客を仕組みにする「ルール作り」

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Leave a Reply