仕事をする上で忘れたくない3つの気づき

標準

昨日気がついた三つのこと。

  • 働くって何か。
  • 解決の方法。
  • 経営者の仕事。

働くって何か。

働くというキーワードを満たす3つの大切なこと。(小川にとって)
  1. 作りたい社会を作る一部分を担うこと。
  2. 世の中、もっと引き寄せれば、誰かの何かを助けること。問題解決って言ってもいいし、ラクにする手助けと言ってもいい。
  3. 自分にとって大事なことをする。大事じゃないことは人に任せる。
例えば、小川にとって、カタチとかデザインはどうでもいい。趣味の話。

もちろん、趣味だから悪いわけじゃない。趣味はあるし。大切。

でも、本質的に感じないから争うほどじゃない。

そして、働くとは本質的に「Will」の問題だってこと。

まあ、いーや。とりあえず働こっか。

just-work-will-ya-

解決の方法。

気合 < 省力化 < 自動化 < 不要化

simple

経営者の仕事。

バカでもできる。バカにも売れる。

そんなものを作ろう。

オフコースEasy!

オフコースEasy!



なんか、毎日そんなこと考えている気がします。

今日の一冊:WorldShift

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。