医者に言われてわかった。数字を使っての説得力は異常wwwww

標準

数字で出されるとハッキリしますね!

この年末のあわただしい時期に、血尿出して通院しております。
(一部の方から入院って言われてますが、入院はしてません)

お医者さんがカルテに書くグルグルっていう文字が気になります。

お医者さんがカルテに書くグルグルっていう文字が気になります。



第一回の検査結果が出てきまして、驚きました。
  • 赤血球:多数
  • 白血球:多数
この辺りは血を出してるんだからそりゃそうだって感じですが、
尿タンパク(腎機能)が問題でした。

正常は1~10(中央値は7)のところ、小川は・・

・・・

・・

744!

いやー、立派な数字です。

尿たんぱく
これだけ大きいと、何だかわからないけどヤバそうな感じがしますねw
現在再検査中ですが、年明けにしか結果が出ないので、ドキドキ継続中。

赤血球とタンパクが同時に出ると腎臓病の疑いがあるらしいので、養生します。

数字の説得力は何倍?

もし、検査結果で「異常値です」とだけ出ていたらどうでしょう。
ここまでの危機感は持てなかった。

人に説明するとき、ちゃんと数字を使いたいですね!

数字は言語
さて、今日からヒトと会わなくても自然な日。

引きこもって、
年内に完成させたいセールスレターを書き上げるぞ!

大晦日までには絶対終わらせて、心おだやかな正月を迎えるんだ!!

今日の一冊:リーダーならもっと数字で考えなきゃ!

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。