天領日田の豆田おひなまつり。べっぴん姫からコンテキストを学ぶ!

標準

マーケティングは、どこにでも転がっています。

福岡に来ているのですが、
午前中は、電話でコンサルやらWEBの相談やらをこなしてからの旅行。
月初の月曜日、道も店も空いていまして、どこもサクサク動けました。

スイスイ
こういう自由は、ホントにありがたい。混むのは苦手です。

ウチの姫さまの初節句。ひな人形に囲まれて、ホッとしました。
娘、爆睡でしたけど・・

でもいいんです。今回の旅行で、彼女が生まれてから一番抱っこできたから。
肌触れ合う機会がこんなに持てたのも、旅行の効用。いい思い出になって、嬉しい限りですね。

ひな人形の街、豆田

今回お邪魔したのは、大分県にある、天領日田の豆田おひなまつり

「天領」ということで、格式の高いひな人形が多く見られました。(だ、そうですが、正直よくわからないです。格式はf^_^;)

ひた

競合が多い商品だからこそポジショニング

肝心のひな人形は、産地だけあって、様々。
  • 最古のひな人形
  • 数が一番多い
  • 創作びな
  • 100歳雛(100歳になっても仲睦まじく、健康と愛情の象徴)
100歳びな

縁起良い感じ。



などなど。

各所、特徴を出すために、ポジショニングにしのぎを削っていました。

その中で、個人的に輝きを放っていたのは、

べっぴん姫
べっぴん姫
いい感じにでっぷりとしてました。

アップで見るとこんな感じ。

アップで見るとこんな感じ。


  • 装飾がキレイ
  • 変わったカタチをした人形
そう言った「商品力」も重要ですが・・

選ばれる理由は、コンテキスト(ストーリー)

小川の心をつかんだのは、横についていたこの文章。

わらわもべっぴん

わらわもべっぴん
笑顔のあなたもべっぴん

べっぴん姫

こうですよ。この文言で、べっぴん姫が、

なぜこの出で立ちとブチャイクな風貌なのかが一気に伝わるわけです。

今まで、奇をてらったポジションだったのが、

なぜ、この風貌で「べっぴん姫」と名付けられているか。

べっぴん姫のストーリーに一貫性が出てくるわけです。

商品力の差別化だけでは、こうはならない

様々なビジネス書、記事、マーケターが「ストーリー」の重要性を語るわけですが

コンテキスト(文脈。ストーリーやライフスタイル)

「なぜ」に応える物語。あなたの商品にも、ちゃんとありますか?

業務連絡

PS:各所にご負担かけてしまっていますが、
無事に遊べているのは皆さんのおかげです。

本日朝に東京に戻りますので、10時以降は平常運転。

バシバシこき使ってやってください。

★ストーリーを学ぶための教科書がもうすぐ発売!★
今日の一冊:新潟発アイドルNegiccoの成長ストーリーこそ、マーケティングの教科書だ

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Leave a Reply