思考の順番が違う。企業と独立。そして経営

標準

独立と起業。使い分けていますか?

このブログのタイトルは「独立系コンサルタントのマーケティング事典」。
決して、コンサル起業とかではないんです。

なんでだろう?と思ったんですが、
マーケティングの先生からの質問に答えたときに、無自覚を自覚化しました。

はっとする

起業と独立の違い。

  • 起業:独立していなくてもいいですよね。自力で収入を上げること。
  • 独立:会社を辞めて自分でビジネスを始めること。
そして、言われてみて気がつきましたが、
「独立」と「経営」も使い分けています。

独立と経営の違い。

  • 経営:リソースを使って、次のリソースを得ること。
「独立」が自分のチカラを使うのに比べて、
「経営」は、自分のチカラを使うことは手段の一つだと思っています。

値付けとかが特に変わりますね。
最初から人件費等を含めた利益率が必要になります。

独立と経営。思考の順番が違う。

独立は「自分がやること」ありきです。

だから「自分がやること(コア)を決めて、それ以外をパートナーに任せる」みたいな考え方になる。

一方で、経営は「自分がやらない」前提です。

つまり「リソースの範囲内で他の人たちに任せて行って、残ったところを全部やる」。

人に任せる
自分が介在しなくても事業が成長するように。
これは、独立ではなく、経営です。

今日の一冊:金持ち父さん貧乏父さん

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Leave a Reply