恩人に会って、小学生のころにやったカードダスの記憶がよみがえる。

標準

昨日、3年くらい前まで、お世話になっていた牧師さんと久しぶりに会ってきました。

写真 2014-03-23 19 26 05

右の方



浅草の教会から、山梨の方に移動するということで、
カミさんと子供連れてご挨拶。

無沙汰をお詫びしてきて、近況を話せてよかったです。

こちらは、西の方から来てくれた恩人。

こちらは、西の方から来てくれた恩人。


小川さんと牧師さんなら懺悔がくっ付いてきますね(*^_^*)

と鋭いツッコミ入れられましたが、
それもあって、これを機に、数回に渡って、昔を振り返ってみようかなぁと。

まずは、私の過去。
「小学生」の頃の話をしていきます。

一週間、さらわれる!?

三人姉弟の末っ子長男だった私は、
  • 期待する厳しい父
  • 優しく甘い母
に囲まれ、鼻水たらして育ちました。
  •  ピアノ
  • 野球
  • 水泳
などの習い事を行う、中流家庭だった一方、
親父は、曲がったことがキライな厳格な人間。

小学生4年生の時に、問題を起こしたところ、

反省しろ

と親父の事務所に一週間、軟禁されました。

sagrario's room

当然学校は欠席。



何もすることがなかったので、
コピー機(複合機)に表示された時間のドット数を数えたりしてました。

ドット

1分ごとに数字が変わるから、飽きないんですよw

他には、階乗を暗算し続けたり。

1+1は2。2+2は4。・・・262,144まで行ったときに、わけわからなくなって

自分はアタマが悪いんだ。

と、悲しくなったのを覚えています。

自由の価値、に気がついたのはこのころですが

小学生では親の庇護下にいざるを得ない。

親父が厳しかった影響もあって、
バレないようにやろう」という、思考を覚えていきます。

負けず嫌いが悪い方に出た小学生

靴下も穿かず、坊主頭に半ズボンで走り回る子供で、明るい性格だった一方、

負けず嫌いで、他人に勝つためだったら何でもするような競争心を持っていました。

今でも思い出して後悔するのは、ガンダムやドラゴンボールのカードダス。

知らない人も多いですかね。

騎士ガンダムのコピー
ちょっとだけ説明すると、
20円で一枚買えるカード。

キラと呼ばれるもの(キラキラ光るから)が貴重で、それを持っている人がエラい。

これを何枚持っているかで、意地の張り合いになるのですが、クラスの悪ガキたちと言い合いになるんです。

おれは○○を持っている

カードを何枚持っている

とか、子供ながらに序列があるんです。

そんな中、私が言ったのは・・

お詫び

<今日の話、小川のブログくらい観る人が多いのところで公開するのはビビりました。
続きはコチラで。>

リンク:一週間さらわれる!?小学生のころ|小川晋平の物語

今日の一冊:釜ケ崎と福音―神は貧しく小さくされた者と共に

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Leave a Reply