独立起業して、一番困る大切なこと。

標準

後輩に「独立起業して、一番困ったことはなんですか?」と聞かれました。

質問

なんだろ?色々困っているからなぁと思ったのは内緒です。



安定しないお金変わってくる責任、色々考えましたが「一番」というとコレです。

指導・指摘してくれる人がいなくなること

年齢が若いこともあり、会社員だったころは、注意や指導は黙っていてもしてもらえました。
(たんに、黙っていられないくらい仕事ができなかっただけという話も。。)

上司・先輩の存在ってありがたいです。
責任を取ってくれる立場で、部下の能力開発まで引き受けてくれるというのは、社外の誰かには難しいでしょう。

独立して、自分が社長になると指導してもらうのも簡単にはいきません。(フリーランスも同じですね)
大抵のヒトは、良かったところは言ってくれても悪かったところまでは言ってくれません

身近にいるとうっとうしいのですが、いなくなって良さがわかる。オカンみたいなもんですかね。

おかんの小言

耳が痛いことほど、正しいのは世の常



意識して社外に師匠と呼べる人達や教科書を作っていかないと、何も言われないまま、仕事がプッツリとなくなる
小川の師匠の一人、木曜日のお兄さんこと福島さんも同じことを言っていました。

独立するとなにも指摘されずにいきなり「仕事がなくなる」

小川の周りには師匠と呼べる存在が多くいますが、それでも指摘される数は少ない。
自分で自分のことを批判できる能力って、事業にとって大事なのかもしれません。(苦手_| ̄|○)

例えばブログ。継続することが面倒になることもあります。
毎日毎日文章書くのはラクじゃないですし、カミさん寝ている間にカタカタやっているのも新婚さんとしてどうなの?とか考えることもあります。

それでも、ブログを始めるきっかけになった、ソーシャルおじさん徳本さんが リブログ宣言してよかった!人生はブログで変わる、4つのブログの効用。 という記事を書いてくれたりすると

あぁ、前を行く先輩達でも同じ苦労をしているんだ。
一度やめても再開して、継続しなおしてるんだ。

と身を引き締め直すことができます。

徳本さんブログ

こんなおしゃれなブログ。。師匠、かっこよすぎですよ!



他にはプレゼン。なまじ自分で得意な方だと思っていたりすると、指導を求めなくなってしまいます。
ただ、それではもったいない。専門家からみたら全然足りません。

プレゼン指導の専門家、野村さんに見てもらった時もそうでした。
詳細は過去の記事(プレゼンに勝ちたいと思った時に、9割勝てる単純な方法。)に譲りますが、指導が入ると20分で見違えます。

あまりに感動して、3/7木六本木で、プレゼン能力向上セミナーをお願いしちゃいました。
普段、一般向けのセミナーやらない方なんで、引き受けてくれたのはラッキー(o´∀`o)ノ

ブログ用プレゼン

人を動かす力、身に着けてみませんか?



仕事でプレゼンをする機会がある人はもちろん、シナリオを立てて「人を動かす力」が欲しい人向け。

例えばソーシャルメディアで情報発信をしていたり、企画や飲み会で注目されたい、という人にはど真ん中の内容。

限定一名で、プレゼンも手直ししてもらえるらしい。大サービス!
社外に専門家の師匠を作る機会、活用しなけりゃもったいない。

お時間ある方、ジョイナス!
【2時間で、「人を動かす」人になる】戦略的プレゼンテーションのフレームワークセミナー

前に書いたのはこんな記事です↓↓
プレゼンに勝ちたいと思った時に、9割勝てる単純な方法。

必勝

超簡単!プレゼン必勝法。



今日の一冊:乗り遅れるな! ソーシャルおじさん増殖中!



Twitter用ハッシュタグ
#ソーシャリアル

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.