異業種交流会で「アピールできない」と嘆く前に知って欲しい質問術

標準

異業種交流会に参加するときに

異業種交流会で使える魔法の質問術を試してみてください!
ガヤガヤしていて、埋もれちゃう
異業種交流会に参加する時に、こんなことが頭を横切りませんか?
  • 名前が覚えてもらえない。
  • 名刺交換で、営業ばかりかけられる。
  • 自分の良さが全然伝わっていない。
だから、異業種交流会はキライなんだよ!と思いつつ(小川もその一人です)

 
  • つまらないし、
  • 紹介系交流会だとノルマあるし、
  • これでいいのかなと思うけど
他に集客でできることがない…

不安やモヤモヤが残ってしまいますよね。

セミナー=>交流会 の場合

異業種交流会、セミナーから交流会が始まる場合には、次の2つ選択肢からどちらかを選んでください。

 
  • セミナー講師と関係を持つのか
  • 参加者数名と関係を持つのか
どちらも狙うのはオススメしません。なぜなら、次に書くアプローチが正反対の方向だからです。

異業種交流会では、セミナーの最後に質問タイムがあるはずです。その時、絶対に手を挙げてください。手の上げ方も工夫があると効果的です。

 
  • セミナー講師を狙う場合には、最初に手を挙げる。
  • 参加者を狙う場合には、最後に手を挙げる。
さわやかに行きましょう

異業種交流会で、講師に対してアプローチする場合

質問する内容は、講師に対しては、事前に調べておいて(講師だったら、WEB上に情報は載っているはずです)

 
  • 考え方ではなく、行動を聞く
  • 変化のきっかけを聞く
  • まず最初に何をしたか
自分に即して、かつ講師が答えやすくて、講師に「調べてきていることが伝わる内容」にしてください。

勝負は、その後の交流会です。

異業種交流会で、参加者に対してアプローチする場合

参加者に対してアプローチをする場合には、もう少しだけ複雑です。この時には、最後に質問してください。

やることは、自分が「誰向けの(参加者のはずです)」「どんな問題を解決する」仕事をしているのか。

そして、講師の方の「穴」や「自社が優位な点」を質問としてぶつけてください。

例えば、

チラシが効果的ですよ!チラシ渡して3-4回会ったら仕事の話になりますよ!
WEBは専門知識が必要じゃないですかー。

という講師がいたとしたら

チラシがいいかWEBがいいのかという議論ですが、
ツールありきではなく、どんな人(誰)と会いたいのか、
という目的次第ですよね?

WEBは、外注するという選択肢はないのでしょうか。
(そうすると、コストがかかるという話になります)

先ほど、チラシ作製のお金は投資だというお話がありましたが、
WEBも投資と考えることはできないのでしょうか?

くらいまでは突っ込んでも質問して良い。

この時に気を付けなければならないことは、絶対に感情的にならないこと。自分たちの優位性を信じていると、つい、熱くなってしまいがち。

  • 自分は一参加者ではなくプロだ。
  • 講師と較べても見劣りしない存在である。
ということを参加者に認識してもらうことが目的です。

その目的が達成できたら、ウザいやつにならないように、論破せず、「ありがとうございました」といって一歩引きましょう。

講師の言うことに100%納得、同感だった場合は?

それは、講師と関係を持った方がいいですよね。そういう時は方向転換!

異業種交流会では、質問タイムを活かしましょう。

 
  • 参加者一同に対して、自分の話ができる。視聴率が高い。
  • その時には参加者がまだ「営業される」モードになっていないから警戒されずに聞く耳を持ってくれる。
貴重な時間じゃないですか。

間違っても、(セミナー中に提案された高額商品に対して)

この塾(とかコンサルとか、WEB動画とか)参加しなかったら振り替えあるんですか?

なんていう、お客さん丸出しのコメントはしないこと。
そういうのをカモネギといいます。
そんなことは、後でメールしたって答えてくれます。お客さんからの質問だもの。その一言を発するだけで、周りから見ても「営業対象」になってしまう。絶対ダメです。

質問の順番にも意図がある!

質問の順番が、なぜ

 
  • 講師に対しては最初
  • 参加者に対しては最後
かというと、

異業種交流会に限らず、質問は、最初に手が挙がらなくて講師は困るもの。だから、最初に挙げて、講師に貢献してあげるんです。そうすることで講師の方も、あなたのことを覚えてくれます。

参加者に対しては、十分に空気がほぐれた、懇親会直前の、一番印象に残るタイミングで質問をすることで、一番強く覚えてもらえるから。(親近効果といいます)

講師相手にやり取りするんで、やっぱり若干空気が重くなります(笑)だから、交流会で空気が変わる直前に手を挙げるのが、マナーと言うものでしょう。

さて、その後、交流会でするべき質問は・・・
次回に続く!

実は、お客さんで参加するのは全然オススメしてません。やるなら講師で!気になる方はメルマガでお教えいたしますー( ̄▽ ̄)