知的生産には朝がいい。やるべき仕分けと、それを越えたたった一つの覚悟

標準

サッカー日本代表、W杯出場おめでとうございます!

すごい!本田持ってる!(見てない)

すごい!本田持ってる!(見てない)



昨日は残念ながら、やるべきことがあったんで試合は観られなかったのですが、盛り上がりは伝わってきました。

一緒に作業していたスタッフH君も、がんばってくれたんですが、実はかなり帰りたかったようで、仕事終わってから真剣な面持ちで相談・・

 

 

あの、、残業を減らす方法ってないですかね?

 

 

ごめんね。仕事頼んじゃって(>_<)
「都議選、参院選終わるまでは辛抱してください<(_ _)>」とか、

「仕事ができるって、やらない仕事を見つけられることだよ」とドヤ顔で言ったりとか、考えてみたんですが、

HACK的なことを期待しているカオしてたので、ちょっとそれっぽいこと言ってみました。
 

仕事を区別しよう。知的生産は朝がいい。

 

自分の仕事を仕分けないと厳しいよね。
 
知的生産だったり、成果をアウトプットしなきゃいけないものは朝。
事務や慣れがあってアタマの容量を節約してやるルーティンワークを夕方夜にやるとか。

逆に言うと、ルーティンで脳のCPUを節約してやる仕事を朝にやらないやらなくても済むような段取りをすることがてっとり早いかもね。

工夫してみて

工夫してみて



そんなことを言ってみました。
一応、最後に補足付きで。
 

でも、そういう段取りをすることって、あくまで自分の都合だから、お客さんとか仲間とか、相手の都合を優先させるべきシチュエーションでは段取りは崩れることあるよ。

それに、やらなきゃいけない時は、朝だろうが夜だろうがやらなきゃいけないので、「絶対定時で帰れます」を約束する話じゃないからよろしくね。

よろしくね

よろしくね



ちょっとビビってたみたいですが、効果はあったかな?

今日の一冊:スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術



 

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.