自分が誰からどう見えているか?複数の視点を持つことに気が付いたビックリする体験!

標準

この人スゴいなぁ・・

そんな人たちとどれだけ出会えるか、
そして、その人たちと出会って、どれだけ変われるか。

人生の大きな分かれ目だと思っています。

ピンとくる
昨日、ゲストとして参加していたブレインコピーの三か月講座が終了しました。

  • ノウハウ(やり方)だけでなく
  • 感覚
  • 考え方
を学ぶための、そして伝えるための技術。

講座を受けた後には、今まで自分が無自覚で見ていた、伝えていたものを
意識し、言語化できるようになっていきました。

この手は、他のゲストの方の手です。

この手は、別の人の手です。



なにより、この技術の良いところは、
「すげえな」って人の話をより深く、より理解できるカタチで聞けること。

ゲスト参加の著者、コンサルタント、コピーライターなど、
メンツが豪華だった分、楽しみも大きかったです。

その中でも、懇親会でゆっくりお話しさせていただいた、
相馬一進 さんの考え方が凄すぎる。

相馬さん
相馬さんの公式サイト、 お金の心理学 を見て

情報屋さんか。
啓発屋さんか。

と侮るアナタ。

本質を見誤っています。

誰からどのように見られているか。

相馬さんは、自分がどうやって見られているか、
そして、その中で自分がどういうポジショニングを取っていくか。

考えてらっしゃいます。

誰かと会ったとき、話したり、ブログで読んだりした時、
その人のことを、どんな視点考えますか?

小川は、「自分(小川)から見てどう見えるか」で考えてしまいます。
というか、それが当たり前だと思っていました。

覗く
でも、相馬さんは違う。

この人は、○○歳くらいのこんな人からはこう見える。
逆に、××歳の人からは評価されないだろうな。

とか、そんな視点で見てらっしゃるし、それを表現している。

自由自在だし、価値判断の視点が一つじゃない。

視点を変えるというより、複数あるイメージ

視点を変えるというより、複数あるイメージ



 

筆力のなさが恥ずかしいくらい、伝わっていない書き方なのは承知してますが

その視点があることに気が付いたときの
小川の感動、アハ体験を伝えたい!

その上で、自分をどうやってポジショニングしていくか。
ビジネスとして成立させるために、ボリュームゾーンを相手にしていくか。

自分と向き合い、認めたくないものを認め、戦略的に活用していく強さが必要で、小川では正直持てていない。

受け入れるってツラいし・・

受け入れるってツラいし・・



ステージが全く違いました。

これもブレインコピーのテクニックを学んだからこその学びなんですね。
こんな人たちと交流が持てるブレインコピー。

三か月講座(一回休みましたけど)出てよかった。

参加させていただき、ありがとうございましたm(_ _)m

今日の一冊:自分を超える法

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。