迷ったときは、マトリクスにして考えよう!

標準

まずはマトリクスで分けてみる!

有名なBCGマトリクス

有名なBCGマトリクス



複雑なことは複雑なままで考えるのは、美しくないですよね。

縦横二軸のマトリクスにしてみて、
分類して考える。

そして、それだけで足りなければ、
マトリクスを複数作って、各要素を仕分けてみる。

単純なものの組み合わせで複雑なものを作って、
そこから、お客様に見せる時にはまたシンプルにする。

シンプルを保とう!

シンプルを保とう!



文字で書けば簡単ですが、
これがやってみると中々できません。

パラメーター設定のようなものですが、
これをどうやって自分のものにするか。

ただ、”わけわからない”っていう感覚ではなく
”筋力が足りない”という感じなので、
訓練次第で身に着きそうな能力です。

training
アタマの中にあることを
そのまま書いたので伝わらないかもしれません(>_<)

お会いした方、小川がマトリクスに分けて
説明を始めたら、名古屋遠征の影響だと思って下さいね( ̄▽ ̄)

追伸:

ちなみに、マトリクスを考える際に重要なのは、
マトリクスの線と線の間”フチの部分だそうです。
  • 線を越えるためにはどうしたらいいか。
  • 正反合をどうやって作るか。
この辺りの話、整理できていないのでまた今度f^_^;)

ふち子さん
追伸の追伸:

昨日紹介した、小川の先生の講演。
24時間もかからずに満席になってしまいました。

ご参加希望の方は、
キャンセル待ちでお願いしますm(_ _)m

3/13木19:00~です。(リンクから参加ボタンクリック)
【マーケティング、そもそもの話】39,800円の1Dayセミナーに出られない人に向けた理央周さんご講演_3/13木

きっと、情報届いてない方も多いと思いますので、
またやってくれるのかなぁ・・オネダリしてみます。

今日の一冊:竹中式マトリクス勉強法 (幻冬舎文庫)

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。