頑張ることをやめましょう!やりたいことをやり続ける人の考え方

標準

習慣、ありますか?

このブログは毎日更新を旨として、
雨の日も風の日も、二日酔いの日も変わらず記事を書き続けています。

ただ、「続ければいい」というものでもないので、
中身を変えたり、ブログに対する優先度を変えたり、試行錯誤の毎日です。

例えば今日。

ブログを書く事を「止めてみようか」。

そんなことも考えました。

普段のルーティン時間にも、ブログを書かず、
ほったらかしにしてみたら、、

やっぱり、何か気持ち悪いんです。

生活に根付いたものを「止めるのも大変」。
そんなことに気がついて、
日比谷線の車内で、iPadをカタカタ言わせてます。

じゃあ、こういった「習慣作り」。
他のことにも活かせないでしょうか。

小川が意識していることは
「意思のチカラに負担をかけない」。

ルール作りをすることです。

    テレビを見たくないのなら、そう思ったタイミングでテレビを捨ててしまう。

    ソファーでダラダラするのがイヤなら、ソファーを捨てる。

    室内を、あえて居心地が悪い環境にすることで、積極的に外に出るようになったり。

思い立った時に、一気にやってしまわないと、後からずっとついて回ります。

頑張ることをやめましょう。
ブログを始めたいのなら、朝起きたらまず書くようにしてみたり。

がんばらなくてもできる方法を考えましょう。

そんなことを毎日やっていたら、気がついたら文章を書かないと気持ち悪くなっちゃうようになりました。

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。