0か1かで考えない。”欲張り”だけが手に入れられるビジネスモデル思考

標準

情報の整理を

  • 作成段階でするのか。
  • 発信段階でするのか。
考えさせられます。

捨てるっていうのは、本当に難しいことで・・

今日、ブログを書くのを止めようと思いました。

stopblogging
毎日書いていると、どうしても「深み」が出ないので、キチンとテーマを決めて発信。
その他の情報は、ノイズなんで発信自体をしないようにしようかとも。

それでも、結局、今日も書きました。

なんで、止めようと思ってもやめられないんだろう。

  • 積み上げてきた習慣自信の拠り所を失うのが怖いから。
  • 少なからずいる、小川のブログを読んでくれる人の顔がチラつくから。
  • ”昨日を捨てる”成功体験から脱するのは、それだけ難しいから。
こんなところでしょうか。

それじゃあ、どうする?

単純に思いつくのが、
  • コーポレートサイトに、コンテンツでの発信を行って、
  • 個人ブログは、今のままで継続。
これは確かに決断はラク。
だって、捨てるものがなくて、増やす結論だから

でも、これには最大の資源「時間」の視点が欠けている。

time

それだけの時間は作れるのか?

作れるのであれば、やってみたらいい。
でも、その時間を作ることが負担だったら?

毎日発信は継続して、その中から週1か2で、体系的なコンテンツを発信する

その際、発信する場所は別サイトで、情報を分ける
  • コンテンツを作る時点で分けるのではなく、
  • コンテンツを発信するメディアを分ける
これだったら行けるかな?

0か1かで考えない。ビジネスモデル思考。

これなら、結局発信する量は変わらないし、
増やすのも、「体系的なコンテンツを思考・調査する時間」で、
どのみち必要だった時間

0か1かで考えず、いいとこどりする方法がないか。

ビジネスでも、集客しようとすると、収益が上げにくくて、
収益上げようとすると、集客が大変になるのなら

集客と収益を分ける「ビジネスモデル思考」があってもいい。

ビジネスモデル
あなたのビジネスに、少しでも役に立ったら嬉しいです。

今日の一冊:ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Leave a Reply