100年続く老舗寝具店の店主が教える 最高の眠り方を読んで「人生の20年」を改善!

標準

日々の生活で、一番大切なことってなんですか?

important
「愛」とか、「優しさ」とかそういう話でなく、日々の行動で。

  • 仕事
  • 食事
  • 趣味
色々なものが挙がりそうですが、小川にとって一番大切なのは断トツで
睡眠

寝ること以上に大切なものはないんじゃないかと思っています。

小川、寝ることは得意で、のび太くんばりの即寝。

高校生の時、試験前に友人ノートを借りていたのに、
居眠りでヨダレの海を作ってしまい、廃棄処分させた逸話を持っています。

「しつけの悪いイヌ」の愛称をもらったことがあります。

「しつけの悪いイヌ」の愛称をもらったことがあります。



とはいえ、「正しい睡眠」みたいなものはよく知らないもの。

小川も、富山出張の際に100年続いている老舗寝具店の5代目店主から
100年続く老舗寝具店の店主が教える 最高の眠り方』を
献本してもらわなければ知らないままだったでしょう。

一生で20年間は睡眠時間だというのに!

☆眠りにまつわるアレコレ☆

なんで眠れていないのか?

オフィスワーカーとかに、特に言えることだと思うんですけど、
やっぱりストレスフルな環境にいると思うんですよね。

でも、肉体的に動いている訳ではないから疲労が小さい。

精神的には、昔よりも疲れていてヘトヘトなのに、肉体はそれほど疲れていない。

この状況、ぐっすり眠れなくても不思議じゃないですね。

眠るのに大切なものは何か?

じゃあ、ぐっすり眠るために大切なものは何か。

それは、この4つ。
  • 寝姿勢
  • 呼吸
  • 寝具
  • 適度な運動
姿勢はうつぶせ寝はNG。仰向けが正しい。
呼吸は鼻呼吸。口呼吸はいいことない。

こんな感じ

普段こんな感じ



このあたり、反省する点が多かった・・
中々、自分の眠り方を見直す機会ってないですからね。

違和感・・放っておかない

何事もそうだと思いますが、問題は早目に潰す。

眠っていて身体がツラいとか、不調は小さい内に対処したいですよね。

睡眠に問題を抱えてしまうと、心身を崩す、負のスパイラルに入ってしまう。

「眠っても疲れが取れないなぁ」とか
「起きたら身体(肩とか)が痛いなぁ」とか、
ちょっとの違和感があったら、すぐに対処した方がいいじゃないですか。

睡眠は根幹。その意識は忘れたくないですね。

じゃあどうする?正しい眠りの実践

この本の良いところは、自分でメンテナンスができるところ。

NHKのサキドリ でも紹介された、「ねむり家式睡眠体操」が載っているので
セルフチェックにどうぞ。

忙しい方向けに、オフィスでできる快眠体操も。

「最近良く眠れていなくて問題意識は持っているけど、病院行ったり、専門家に相談したりするほどじゃないなぁ」って方。

この本読んでみて!

今日の一冊:100年続く老舗寝具店の店主が教える 最高の眠り方



 

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Comments are closed.