20代30代のビジネスパーソンが気づいておくべき、4人のプロフェッショナルからの武器。

標準

見ている目線が違うんですよね。

昨日、勝手にマーケティング大学の新春講演にお邪魔して、
4名の登壇者の講演を拝聴してきました。

    • ライフネット生命・出口会長
20140113-052746.jpg
    • すかいらーく・河南順一CEOオフィス広報GD
20140113-052800.jpg
    • 東洋経済オンライン・佐々木編集長
20140113-052809.jpg
    • MarkeZine・押久保編集長
20140113-052817.jpg

皆様、業界、どころかビジネス第一線の方々。

2時間半があっという間に感じられる講演でした。

出口会長も、毎度のことながら深くて面白い話し方。

佐々木編集長も、前評判通りのキレ、メディアの方ならではの豊富な情報量で

一流のコンテンツメーカーがWEBの世界に来ていない。

と、これからのWEBメディアに対しても期待をのぞかせていました。

川南GDも押久保編集長も、
経験に裏打ちされた話を展開してくれたのですが、
全員を紹介する余裕がなく、前述のお二人について少し。

ライフネットと東洋経済オンラインの共通点

お二人の話を聞いて思ったのは、
ビジネスの潮目が変わっている。

ということ。

これまで、50代60代のオールドエコノミーが
パワーを持っていて、かつ、サービスもその層に集中していました。

具体的な名前は憚られますが、保険も新聞等メディアも。

ただ、ライフネットも東洋経済オンラインも、
顧客層は20代後半から30代。

ビジネスモデルが変わっています。

change

WEBの特徴を活かすなら。

一つには、WEBの存在が大きいでしょう。

変動費の構成がWEBは極小なので、
一人当たりの単価は低くても、数が集まればビジネスができる

少なく広くのビジネスが成り立ちます。

生命保険の単価を考えると、わかりやすいのではないでしょうか。

ただ。これだけで説明ができるかと言うとそんなこともない。

これからの日本を動かすのは誰か?

懇親会で出口会長と話をしていて、

なぜ出口会長の本は、若手向けばかりなんですか?

と尋ねたところ

年よりはこれから死んでいくだけだから教えてもムダ。

と。もちろん冗談で、出版社さんからの依頼でしょうけど。

20140113-052842.jpg

そんな出口会長は、懇親会でも皆さんのビールを注いでいました。さすがです。



 

ビジネスの根幹には、想いがあったのではないかと推察します。

これは、20代後半の小川だから持っている願いかもしれませんが、

これからの日本を担う世代に武器を渡したい

そんな想いがお二人の根底にあり、

想いを算数に直す。(出口会長)

そんな、収益を上げる体制(ビジネスモデル)を整えたのでは、と感じました。

期待。ですけど

願い。ですけど



もし、それが本当なのだとしたら。
私たちの世代が武器を渡されているんだとしたら。

これまで以上に成果を出せて当たり前。
期待には応えたくなるのが人情ですよね。

今日も頑張れる気がします。

20140113-052849.jpg

主催の横山さんも、お疲れ様でしたm(_ _)m



 

今日の一冊:部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書 「プレーイング・マネージャー」になってはいけない (ノンフィクション単行本)


もう一冊:5年後、メディアは稼げるか――Monetize or Die?

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。