「努力だけしかできない人はチームに必要ない」記事の掲載先に一言

標準

  • カンタンなビジネスを作ろう!
  • ビジネスを単純にしよう!
この辺りのことは、常々言っているんですが。

チカラを入れるポイントを間違えると、痛々しいことになります。

先日、こんな記事を観ました。

努力だけしかできない人はチームに必要ない|huffingtonpost

ホントその通り。

努力することは重要ですが、
その前提に「なんで」「何のために」がなかったら、それは趣味です。

努力は、目的のためにやるものであって、
それ自体には何の意味もないよ。

むしろ、努力しないでできるなら、それに越したことはないよ。と。

いつも弊社で言っていることなので、すぐに社内で共有しました。

参考になるのは、数量化できるところ

やはり、同様に共感した人が多かったようで、
  • Facebookのいいね!やシェア。
  • Tweet
  • はてなブックマーク
など、同サイトの他の記事と較べても高い。

こういう数字を観ると、どれだけ反応があるのかが分かって面白いですよね。
  • やっぱり、Likeボタンは、心理的ハードルが低いのか。
  • はてブが43(本記事掲載当時)ということは、そこからの流入はさらに期待できそう。ニュースサイト載ったのかな。
  • メールで送っている人もいるんだ。
とかとか。もう、当たり前になっていることも多いですね。

そして、大切なのは、異常値を見つけること。

コメント0・・だと!?

コメント、ついてないんですよね。
webサイトの画面下部にも、記入欄までわざわざ設けているのに。

この記事だけかなぁと思って、他の記事も見てみたら、
やっぱりどの記事も書かれていない。

この機能、使われてないんじゃないの?

選択肢が多ければいいわけじゃないというのは、
コロンビア大学ビジネススクール教授シーナ・アイエンガー女史も、
常々言っていることですが、サイトはシンプルな方がいいですよね。

この場合、

信頼性獲得などのためにコメントが欲しいのなら
書いてもらうための施策を促す。

そうでないなら、

なくす。

どっちかした方がいいですよね。

  • ユーザビリティ向上は、細かいところの積み重ね。
記事を書いただけでは終わらせない。

ちゃんと、結果を次に活かすクセをつけたいところです。
自戒を込めて。

参考記事:努力だけしかできない人はチームに必要ない|huffingtonpost

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Leave a Reply