パラメータを2つ持て!成果を出す人がやっているテストからの学び方

標準

闇雲にやるのは、
疲れるから止めた方がいいと思うんですよね。

テストの早さは確かに重要なのですが、
折角テストをするんだったら、

目的をハッキリさせておかないと
もったいないと思います。

何がもったいないかというと
シングルループ的な思考なんですよね。

シングルループ学習とダブルループ学習
※参考:コトバンク

ダウンロード
簡単に言うと、

シングルループは、

上手くいったか上手くいかなかったか。

ダブルループは、

上手く行かなかったとしても、
上手く行かない方法を学習できたか。

成功体験からの脱却にはコレが不可欠です。

アメリカの組織心理学者
クリス・アージリスとドナルド・ショーンによる
と、
これをアンラーニングと言います。

つまり、
繰り返しなのか、積み重ねなのか。

という違いです。

3000円の広告費で、何がわかるのか?

セミナー参加募集を広告したとして、
3000円の広告費で上手く行ったか/行かなかったか。

何を測っているんでしょうか。

想定のCPA(獲得単価)は、いくらなんでしょうか。

もし、標準的なCPAが2万円だとしたら、
3000円の広告費で
申し込みがなかったとしても不思議じゃない。

もちろん、広告に初動は重要です。
プロモーション初期に伸びなかったものが、
後半急速に伸びるなんて、

基本的にはあり得ないことです。

でも、「とりあえず」の人は、
そういう観点で言ってないですよね。

どうせテストをするのなら、
上手く行かなかった時に、

今後やらなくて済むもの。

がわかるまではやりましょう。

なぜなら施策なんて、
10個くらい打てば一つくらいは上手く行くもの。

ただし、
Facebook広告3000円打ってダメだったから止め。

なんて言っている人は、
どれも効果は出せません。

キチンと想定したいですよね。

だって想定の幅が、ビジネスの幅になってきますから。

でも、いくらくらいが標準なんて分からない。

そういう人がいるかもしれません。

そんな人は、詳しい人に聞いてみたらいいんです。

標準的な金額感を教えてくれるくらいなら、
ご飯ごちそうすれば教えてくれるくらい、

その人にとっては常識でしょうし

もし、周りにいなければ、
こちらから探して連絡してみてもいい。

もしくは、自分でアフィリエイトを
出稿するか登録するかしてみて、

市場感を掴んでもいいです。

そういうリアルタイムな情報は、
現場を見ている人じゃないとわからない。

そういう意味で、
もし、チカラを貸してくれる人が周りにいなければ

専門分野が分かる人に
お金を支払うことは

例え100万200万かかったとしても、

ムダなお金を3000円使うことより、
よっぽど価値のあることだと思います。

うちは安物を買えるほどお金持ちじゃない
(イギリスのことわざ)

価格ではなくて、
価値のあるものにお金を支払うクセをつけましょう。

PS:WEBサービス普及による個人旅館業の隆盛

一昨日、離島に閉じ込められたのですが、
なんとか戻ってこれました。

ダイビングのライセンスを取得予定だったので
遅刻したけれどショップに行って、交渉

なんとか、遅刻分をカスタムプランに
直してもらって、初日のカリキュラムをこなしました。

G0020963 - Windows フォト ビューアー 2014-09-21 06.58.01
そして昨日からはホテルではなくて、
airBnBでコンドミニアムに宿泊。

韓国系フィリピン人に
部屋を貸してもらったのですが、
彼らはスゴい。

短期宿泊マニュアル(契約書に近いモノ)を作って
個人運営の旅館業を営んでいます。

家賃レベルで借りて、ホテル滞在費レベルで貸す。

日本でも、airBnBを使った
転貸業のビジネスモデルを
設計・コンサルしたことがありますが、

規制が強化される前に、
体制を整えれば、利益は固そうですね!

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Leave a Reply