プロフェッショナルサラリーマンと語る起業できない3大理由と対処法

標準

単純な話。
起業に限らず。

わからないからコワイんですよね。

昨日、ベストセラー著者『プロフェッショナルサラリーマン』シリーズの俣野さんと対談イベントをやらせていただきました。小川講演01
グループ数社を預かっている身としての、

起業したい人に贈る、起業に関するQ&A

小川の話がわかりにくい所、
さすが俣野さん。

サラリーマンが実感の湧く表現と、
抽象度にチューニングしてもらえて、
参加者の方も分かりやすかったのではないでしょうか。

起業したいのに、していないのって何で?

どうして起業していないのかを聞いたところ、
様々な回答がありました。
  • リスクが大きい。
  • 責任を取りたくない。
  • ネタがない。
等々。へー。意外。そんなところで悩んでるんだ
っていう印象です。

リスク取りたくないの?ところで、リスクって何のこと?

そもそも、リスクって、何のことを言っているんですかね。
  • 成功しなかった時の生活の問題?
  • 生きていけない?
そんな話、今の日本で餓死する方が難しいですよね。

これだけ社会保障があったら、餓死なんかさせてくれません。

でも、今持っているものは手放さないといけないかもしれない。

今持っているものがなくなるのも困りますか?

責任を取りたくない・・へぇ。

責任取りたくないって、なんだか気の毒。

ご一緒した俣野さんが言っていましたが、

「自分の人生を生きる」という
責任を既に負っていることに気がついて欲しい。

楽天の三木谷社長曰く。

僕はよくリスクテイカーだと言われます。
でも、本当はそうじゃない。

限りある自分の人生を、精一杯やったんだと思いたいだけ。

人生を後悔するという最大のリスクを回避しているんです。

この辺りに気がつくと、生き方変わるように思います。

とか、なんだか堅苦しいこと言いましたけど、

「あの人、歳のワリに・・」に共通点ってありませんか?|株式会社Saversメルマガ

という記事でも書いたように、責任取って生きるのも、楽しいですよ。

起業するにも、ネタがない。で?

最後は、「ネタ」。起業にネタとかいるんですかね

研究開発。商品開発。そんなこと、
  • そこに予算が振り分けられる大企業
  • 新しいモノを作るのが大好きな発明家
こういう人たちに任せていればいいんじゃないですかね。

私が、独立した時に最初の仕事は、

NTTの回線販売の代理店。

大きな会社のオフィスの一部を間借りして、

  • 事務所費も、
  • 通信費も諸経費も、
何にもかからず、商材すら回してもらって、基盤を作りました。
(売上げを一部渡していた、フルコミッションの営業マンみたいなものです)

世の中に、まだ新しいモノがあると思うから行動できない。
  • 売るモノ
  • 売る相手
  • 売り方
組み合わせて、どれか一つでも新しくなったら、
それだけで十分なイノベーションです。

小川02
難しく考えずに、まずは、やってみなはれ。

空気に怯えず、一歩一歩、小さくね。

小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Leave a Reply