その他大勢でいいの?メルマガには返信した方が絶対に良い3つの理由

標準

注)この記事は【集客不要!愛され続けるコンサルタント養成|株式会社Savers】にコピーを作りました。
両方とも、運営者は小川晋平です。

メールマガジン、取ってますか?
そして、読んでますか?

もし読んでいるなら。絶対返信した方がいいですよ。

メール返信
先日、こんなことがありました。

師匠に質問した「方略」の話

※方略とは、方向性を略すこと。

戦略・戦術の話はよく聞くけど
方略って言われても、ピンと来ませんよね

以前、プレゼンテーションの師匠と一緒に
大先生のところに学びに行ったときに仕入れてきたフレームです。

方向性
「方略ってナニ?」はコチラの記事で。
「方略→戦略→戦術」で、ムダなくムリなく目標を達成する|戦略的プレゼンテーション

この本の著者

この本の著者



さすが、しっかりまとめてらっしゃるなぁと思ったのですが、
何かしっくりこなくて、ちょっと質問したんです。

例示されているのが、「浅い」気がしたので、
多分、そんな風には理解していないヒトだろうなぁと。

どう定義しているのか気になって、メール返信。

方略って、どんな定義してますか?

※本当は、もうちょっと意地悪い聞き方しました。

そうしたら、お返事が。

プレゼンテーションアドバイザーとのメールを公開

===以下、許可を得て、メールより転載

僕のあたまのなかには、こんな絵があるだけです。

○ 思いつかないそもそも論 ←方略
+----
● 思いつくレベルの概要論 ←戦略

● 思いつくレベルの具体論 ←戦術

大事なのは3つを並列に意味づけすることではなくて、
前提として自分の立ち位置を「戦略と戦術を行ったり来たり」の場所に置くこと。

そのうえで「意識から抜けているそもそも論ってないか?」と考えること。

だと思うんですよね。

特に「自分は戦略的にものごとを考えられている!」という自己認識の人にこそ、
方略という考え方は重要だと思うのです。

「まだ上位概念があるぞ」というメッセージになるから。

逆に、戦略的に考えるのが苦手な方にとっては「もっと戦略的に考えたい」で精一杯。

そんな状態で、2つ上のレイヤーの話をされてもね。。。

つまり、野村にとっては
「方略コンセプト」 = 「意識から抜けているそもそも論ってないか?」

だということです。

・・・って、伝わりますかね?

===ここまで。
これ、ビビビッと来ました。

固定的なモノの見方は、内側にいたのでは、その問題に気がつけない。

小川の問題意識の中に

パラダイムの疲弊はインサイダーには見抜けない

というのがあります。

気づいたときには・・

気づいたときには・・



だからこそ、
コンサルタントという職業が成り立つと思っているのですが。

まさに、

「方略コンセプト」 = 「意識から抜けているそもそも論ってないか?」

ということですよね。しっくりきました。

ちなみに、パラダイムとは「ある時代や分野において支配的規範となる「物の見方や捉え方」のこと」。

分かりやすい説明:
http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/topic/10minnw/015paradigm.html

こういうのって、対話だからこその深まりだと思うんです。

そして、メルマガだと書ききれないポイントを、
質問だからこそ教えてもらえると思うんですよ。

メールマガジンに返信した方が絶対いい3つの理由

  • ほぼ間違いなく、返信もらえる
  • 学びをインプットで終わらせず、自分のアタマで考えて行動する方法。
  • メルマガの内容は、大勢に送られているが、そこからの返信/対話は世界に一つだけの情報
私自身がそうですが、
メルマガに返信もらえると、すごく嬉しい

つい、本気になって返信しちゃいます。
※返信率100%です。今のところ

学びを「インプット」だけで終わらせず
「自分のアタマで考える」方法だし、

何百人、何千人、何万人とメルマガ読者はいる中で、
おそらく返信率は一ケタ%。

そこに返信して「発行者を使い倒す」ことで、
その他大勢から、簡単に抜け出せる

折角メールマガジン購読しているなら、
ただ送られてくるのを読むだけじゃなくて、

返信しないと損だよなー。

と、本当に肌で感じました。

面倒くさいって言って、成果が出ないことを甘受し続ける残念な人もいますけどw

面倒くさいって言って、成果が出ないことを甘受し続ける残念な人もいますけどw



あなたがもし、メルマガで情報取っているものが
あるとしたら。是非、試してみてください。

そうそう。
売り込みが多いメールマガジンは鬱陶しいですが、

師匠の「戦略的プレゼンテーションメールセミナー」は、
逆にビックリするくらい売り込みがありません。

その代り、私たちコンサルタントに絶対必要な

選別の場で選ばれるチカラ

を提供してくれます。

戦略的プレゼンテーション メールマガジン - Google Chrome 2014-05-08 05.45.24
【完全無料】1日3分!戦略的プレゼンメールセミナー
→ http://www.strategic-presentation.com/mail-seminar/

内容が刺激的なのはもちろんですが、

プレゼンの専門家だけあって、文章も構成も上手いし、
小川もいつも参考にさせてもらっています。

今まで「不定期発行」だったのですが笑、
最近、定期的に発行してくれていますので、
今がチャンスです!

【完全無料】1日3分!戦略的プレゼンメールセミナー
→ http://www.strategic-presentation.com/mail-seminar/

ついでに、自分のメール講座もご案内

あっ。ちなみに小川の発行しているメール講座も、登録していない方は登録お願いします。

コンセプトは、「いつまでも無課金ユーザーをやるのはヤメて、課金ユーザーのルールで戦おう」
  • 自分のウデで、依存せず独立して生きていくために必要なチカラと方法。
  • 「無形」のコンテンツを扱う、メリットを活かして、デメリットを逆手に取る方法。
  • 難しいビジネスを頑張ってやるのではなく、チカラの入れどころを理解する、
    カンタンなビジネスの作り方
などなど。

戦略のみならず、方略も含めて、発行しています
【完全無料】独立系コンサルタントのマーケティング事典




小川 晋平

About 小川 晋平

都内で、Dappsの企業を営む30歳。 ブロックチェーン、スマートコントラクトを使って 分散型の社会を作っていきます。

Leave a Reply